HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。

◆勢いづかぬ日本株買い

2万ドルを突破したNYダウ平均に対し、日経平均株価は今もなお1万9千円台を中心に行ったり来たり。

米国と日本国は切っても切れない関係性にあることから、為替「ドル円」相場の動きが大きく関わる。

 

米国経済に疑問符が生じ、ドルが売られれば、ドル安円高となる。

円高は日本市場にとっては嫌気されることが多く、日本株の売りに繋がる。

 

現状、日本経済、米国経済共に悪くない。しかしユーロ圏や米ドル圏などで悪材料が少しでも出ると

比較的安全資産とされる日本円が過剰に買われやすいのだ。

また米国の要人発言にも敏感で、トランプ大統領が「ドルが強すぎ」と言えばドル円相場は売りに押され

日本側の主張には大方無反応という状況だ。

当方はこれは「おかしい」と思う。単なる大口の投機筋による為替の流動操作ではないかと疑ってしまう。

 

日本株市場はもっと投資されるべきであり、日本円は異常に買われ過ぎの状況だと言える。

 

◆ドル売りの流れは短期トレンド!?

現在ドル円相場=110円台と118円台からすでに8円以上の円高ドル安が進んでいる。

直近ではトランプ政権が掲げる、オバマケア代替法案の撤回が悪材料視された。

トランプ大統領の政策実行能力に疑問符が打たれた形である。

 

今後に控える大規模な減税(税制改革)への期待は厚い。また先の議会で名言したインフラ投資もある。

一番言えるのは米経済指標もそうだが、米国経済が好調なのである。

実際、これほどまでにドルを売る要因があったかと言えば、無い。

つまり今の現状は相場の過剰反応である。

 

このことからドル売りの流れは短命に終わる「可能性」も十分有り得る。

 

◆ドルとユーロ

当方では少し前に、豪ドルの上昇機をとらえ、ツイッターにて予想発信し、予想通り豪ドルが大幅上昇した。

現在、各国通貨の動きをみているが、大きく上昇する可能性が大きい通貨はこれだ。

 

①ユーロ

②米ドル

③ポンド

 

特に米ドルとユーロは注目。世界規模での予想は出来ないに均しい。しかし、この2通貨は確実に流れはきている。

あとは、タイミングと思惑など、それ次第だ。但し、あくまで予想であり、外れることもある。

日本円は過剰に買われ過ぎており、円売りは必然的に起こることも。

 

 

※当該記事は全て予想の範囲です。投資は全てにおいて自己責任で行ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外国為替

関連記事

【2017/03/28 13:34】 | 為替・世界経済
トラックバック(0) |

◆ロンドンTIME21日にPJFが発表したANNUAL REPORTの概要

 

2017年1月10日に発表されたとおり、東証上場企業の《3528》プロスペクト・カンパニーにとPJF間での買収に係る協議が進行している取締役会は株式価値を最大化し、NAV(Net Asset Value)の減少を最小限に抑える、または無くし、当社株式の流動性を向上させることを目的とする当社方針に照らし合わせ、プロスペクト社によるTPJF買収提案を評価する。  by PJF会長 ジョン・ホーキンス

 

3月22日付のロンドン・Alliance Newsでも同様の内容を掲載している。

また、17日の同Newsでは、PJFが今般の買収協議により、ベストパフォーマンスファンド第2位浮上と報じている。

 

※情報には万全を期しておりますが、必ずご自身で事実関係をご確認ください。

http://www.londonstockexchange.com/

 

《和訳ポイント》【assess】・・・「評価する、査定する」といった意味合い。場合によって日本語では紛らわしい表現となる場合もありますので、英文を良く読んで理解しましょう。

 

◆22日、証券取引等監視委員会による課徴金納付命令の勧告と、プロスペクト側の見解

 

プロスペクトグループのProspect Asset Managementに対し、金融商品取引法違反(内部者取引)の事実が認
められたとして,内閣総理大臣及び金融庁長官に対して,金融庁設置法第 20 条第 1 項の規定に基づき,
課徴金納付命令を発出するよう勧告
を行ったというものである。

金融商品取引法に基づき納付を命じられる課徴金額は,329 万円としている。

 

しかし、プロスペクトは当該事実関係に対し、そんな事実は無いとして完全否定している。

プロスペクト側は「監視委が認定している内容は事実と全く異なるものであり,勧告という判断は誤
ったものであると確信」

「今後の PAMI に対する金融庁の審判の中で,当社の見解が正しいことが明ら
かとなり,課徴金が課されない旨の決定が出されるものと考えております」

と明言している。

 

このことから、当該事案については、否定している為、過剰反応は禁物である。

(以下、本文URL)

http://www.prospectjapan.co.jp/ir/pdf/kenkai170322.pdf

 

◆高配当権利確定付まで残り1週間をきる

今回の増配により期末配当3円という高配当化した。株価が100円未満での高配当株は中々見当たらないのが事実。

権利付最終売買日=3月28日。

配当権利落後は、配当狙いの筋からの売りもでることが想定されるが、重要なのは配当では無い

その先に控える買収協議の進展、本決算、プロスペクト株主総会及び大東銀行、福島銀行の株主総会などが開催されるのも思惑を含むが投資機会と捉える。

 

◆会社四季報で前号比・上方修正

具体的な数値は四季報上で自身で確認して頂かないといけないが、前号比で通期決算予想を大幅上方修正。

(※注:プロスペクトは業績予想を非開示としています。あくまで四季報での予想です。)

更に2018年期の業績予想も続伸、配当は上方修正後の3円配当予想としている。

当方ブログ・ツイッターでは、更に上の予想をしている。

 

ロシア林業大手、RFPグループとの木質ペレットに係る事業及び、メガソーラー、機動建設工業などの業績寄与にも期待。

 

また、ハワイ・ケアウホウプレイスの利益寄与にも大いに期待が寄せられよう。

 

※当該記事はあくまで予想の範囲です。投資は全てにおいて自己責任で行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:株・投資

関連記事

【2017/03/23 11:11】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |

◆今日は良く耳にする「増資」がテーマです。

増資=資本の増加、対して減資=資本の減少です。

そして「増資」と「融資」は全く別モノです。

融資は「借入金」なので社債を発行したり、銀行から資金を調達したりするものです。

つまり、増資は資本が増加し、融資は負債が増加します。

 

①良い増資

いわゆる前向きな増資とは、設備投資やM&Aによる事業拡大など「将来、高利益をもたらす」もの

 

②悪い増資

いわゆる後ろ向きな増資で、赤字補填の為など、将来の利益に繋がらないもの

 

◎増資をして発行済み株式数が多くなると「希薄化」となる。

当然、②のように「悪い増資」の場合は、利益が増えるわけでもなく株式数が増えるわけですから、

EPS(1株利益)値が下がるので株は「売られることが多い」です。

 

しかし、①のように利益増大の為の企業買収など「良い増資」の場合は、

将来的に大幅な利益寄与が想定されますので、株は「買い」と判断されることが多いです

 

発行株数の上位では1位にみずほFG=約253億株~50位の三菱自動車=約15億株程です。

これらの企業を見れば一目瞭然ですが「発行株式数が多い」=「株価低迷」では無いことが良くわかると思います。

(以下、参考サイトURL)

http://www.stockboard.jp/flash/sel/?sel=sel539&tech=&st=&ud=&page=1

 

◆まとめ

実際の株価動向は、いざフタを開けてみないと分からないところはあります。

重要なのは「その増資がメリットとなるのか、デメリットとなるのか」です。

そこを良く考慮して投資を行いましょう。

 

 

※当該ブログは投資を斡旋するものではございません。投資は全て自己責任で行いましょう。

 

 

 

JUGEMテーマ:株・投資

関連記事

【2017/03/15 01:24】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |

◆SMA・EMAって何?
・一般的に多くの投資家が一つの指標として愛用する「SMA」=単純移動平均線

・海外投資家の多くが活用する「EMA」=指数平滑移動平均線

 

◆EMA(指数平滑移動平均線)

当方でもよく活用する指標の一つです。EMAはSMAに比べて反応が早く、トレンド分析でもいち早く認識可能です。

日本人投資家の多くはSMAを使用する為、例えばSMAではまだデッドクロスしていないけれど、EMAでは実はDCしていて海外投資家は既に売り始まっている、なんてことも一例として挙げられます。

逆にSMAではデッドクロスしているけれど、それは実は「ダマシ」でEMA等では綺麗に反発なんてことも有り得ます。

そのまた逆で、EMAのほうがダマシなんてことも有り得るのです。

 

◆ダマシ

SMAとEMAは、どちらかが劣っているなどというものではありません。「両方」を上手く使っていくと良いでしょう。

SMA=過去の終値の平均から算出され、EMA=SMAよりも直近の値が優先されます。

為替取引でも株式取引でも、よく「ダマシ」という言葉を耳にしませんか!?

 

このチャートは某企業のある期間のチャート切り取り図です。

始めのゴールデンクロスで買い!と認識した方も多いすがこのGCはダマシの一例です。長期線が下向きで、またしっかりDCしています。

反対に、長期線が上向きなのに、デッドクロスした場合もダマシの可能性が非常に高いです。

この移動平均線の動きを、SMAとEMAの両視点からよく注視することによりダマシの回避がし易くなります。

 

◆移動平均線は何日で設定すれば良いの?

その答えは「ありません」。ですが海外投資家等の多くが基準としている最も信頼されている日数は「200日」移動平均線です。

 

一般的には5日、25日、75日線を使用していれば特に問題もないかと思います。

米国の投資家の多くは【5日・20日】、【10日・40日】といった組み合わせで使用されることが多いです。

 

【ココで覚えておきたいポイント!】

・25日線と75日線の株価の差が開くと、株価は調整局面に入りやすくなります。

・25日線と75日線が均等なまま上昇した場合は、長期の上昇トレンドとなります。

・75日線が上向きで、25日線が75日線に接近した場合は「押し目」となります。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外国為替

JUGEMテーマ:株・投資

 

関連記事

【2017/03/09 00:16】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |

The Prospect Japan Fund Limited

日時:2017.3.7 7:00

 

「2017110日、TPJFは「Prospect社によるTPJF買収の可能性」について、プロスペクト社との買収協議を発表。

 

ルール2.6に従い、TPJF社外取締役の要請によって企業買収合併審議会は、進行中の協議締結を可能にするため、2017441700まで締切日程の延長に同意した。この時点までにプロスペクト社は、TPJF買収協議に関する意思表示を行う必要がある。当該発表は本規範ルール2.8が適用される「宣言」として扱われる。また、新期限は本規範のルール2.6に従って、企業買収協議審議会の同意を得た上で延長することが可能である。

 

ルール26.1に従って、この発表のコピーはTPJFのウェブサイトで入手可能である(www.prospectjapanfund.com)。

より一層の発表事項は適切な時に、その都度される。」

 

 

※同内容に関しては、日本のプロスペクト社がIR等として発表したものでは無いため、無断転載などの二次使の一切を禁じます。

※当内容は、日本のプロスペクト社が直接発表した内容では無いため、相違が生じる場合があり、これを情報源に投資等を行うことは推奨しません。

※当該ブログ及びツイッター内容は、投資を斡旋するものではありません。投資は全て自己責任にて行ってください。

 

 

JUGEMテーマ:株・投資

関連記事

【2017/03/07 16:46】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |

各方面で、クリーンエネルギーに注目



 自民党は2017年3月5日の党大会で、原発依存を軽減させていくと共に「太陽光や地熱、木質バイオマス、風力などの技術開発や導入支援など、再生エネルギーの最大限の導入拡大と国民負担の抑制の両立、水素社会の実現に取り組む」と挙げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00000010-economic-bus_all

福島ーFUKUSHIMAー


 
 福島県は、大震災・原発事故により失われた浜通りの産業・雇用回復のため、「福島・国際研究産業都市(イノベーション・コースト)構想」を掲げている。
また、「福島新エネ社会構想」を掲げている。

・メガソーラー発電や木質バイオマス発電、地熱発電、風力発電などの「再生可能エネルギー」
・ロボットテストフィールド、ロボット開発・実証
・被災地の膨大な廃棄物のリサイクル
・スマート農業
・水素関連
etc...

このように「地球環境」と未来を見据えた、クリーンな構想を掲げている。

期待できる関連銘柄とは!?一部抜粋してみよう!



・再生可能エネ導入拡大に係る「送電線」需要
【5803】フジクラ
【5815】沖電線

・福島第二地銀【8562】福島銀行と【8563】大東銀行の筆頭大株主
【3528】プロスペクト

・メガソーラー関連
【1959】九電工
【3647】ジー・スリーHD
【3528】プロスペクト

・風力発電関連
【2766】日本風力開発
【7011】三菱重工
【9513】J POWER

・木質バイオマス関連
【9514】エフオン
【1711】省電舎
【6013】タクマ
【3528】プロスペクト

・地熱発電関連
【3777】ジオネクスト
【7011】三菱重工
【9519】レノバ

・水素関連
【8088】岩谷産業
【5020】JX
【6495】宮入バルブ

・スマート農業
【3541】農業総合研究所
【7721】東京計器

・ロボット関連
【4726】ソフトバンクテクノロジー
【4312】サイバネット

・送電線の電線類地中化技術
【5289】ゼニス羽田
【5287】イトーヨーギョ
【3528】プロスペクト *子会社の機動建設工業

といったところでしょうか。もちろん当該記事で掲載した以外にも期待できる銘柄はたくさんあると思います。
もし「こんな銘柄も、ここがオススメです」などございましたら、コメントにて返信頂けると幸いです。

まとめ



 世界規模で「地球環境」を考えていく時代となっています。我々の生活の中に必要なエネルギー。
エネルギーによって快適な生活を送れるのです。でも資源エネルギーはやがて枯渇します。
再生可能エネルギーはこれからますます拡大を続けるでしょう。
それから同じく長い上昇相場が見込めそうなのは、ロボット分野です。

 3.11東日本大震災でも原発の放射能が原因で、人間の進入が難しい部分がありました。
そんなとき活躍できるのもロボットです。

 最近では、【3318】メガネスーパーと【4726】ソフトバンクテクノロジーが技術を持ち寄り、メガネ型ウェアラブル端末でロボットを操るというショーを披露しました。例えばメガネ型端末でドローンも操ることも可能でしょう。可能性が広がりますね。
日本の未来への投資、それは必然でしょう。

※当該記事はあくまで予想の範囲です。投資を斡旋するものではありません。投資は全てにおいて自己責任で行いましょう。
関連記事

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2017/03/06 11:59】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |