HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
 最近のパソコンには画面タッチで操作できるタッチパネル(タッチスクリーン)が搭載された機種も多くあります。Windows(ウインドウズ)8の登場から急激に増え始めました。
 便利の反面、画面を少し触れてしまうと、何かを選択してしまったり、ちょっとした汚れを拭くときにも無駄に反応してしまいます。また、タッチパネルを有効にしたい場合も同じ手順で有効化できます。

 今回の記事ではWindows8やWindows10において、そのタッチパネルをオフ(無効)又はオン(有効)にする方法を図解入りでお教えします。

1.Windowsキーを押す



画像で示したマークがWindowsキーです。この「Windowsキー」と「S」キーを同時に押すと「検索バー」が出現します。

検索バーに「デバイスマネージャー」を入力して検索し、デバイスマネージャーを開きます。

※デバイスマネージャーは「コントロールパネル」からも開くことが出来ます。


2.デバイスマネージャーでの操作



デバイスマネージャー内の「ヒューマン インターフェイスデバイス」を開き、その中の「HID 準拠タッチスクリーン」にマウスのカーソルを合わせて、「右クリック」メニューを開くと「デバイスを有効にする」又は「デバイスを無効にする」の選択ができます。

・タッチパネルをオフにしたい場合=デバイスを無効にする

・タッチパネルをオンにしたい場合=デバイスを有効にする

これで、有効/無効の切り替えが簡単にできます。
関連記事

FC2blog テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

【2018/06/22 23:36】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック