HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
真夏の葬式


 極暑の候、皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。本日の記事では、ズバリ「真夏の葬式」について、取り上げたいと思います。

 連日30度超えの日々が続く中、一本の電話がありました。遠い親戚のご老人がお亡くなりになったそうで、葬儀を執り行うとのことです。亡くなった方への弔いですので、それ急な事でも仕方の無いことです。しかし、お通夜、お葬式に出席するにあたって、この猛暑の中、服装はどうすれば良いのかという疑問が発生しました。

服装は軽装で行こう



 32℃~35℃にもなる中、男性女性共に、黒い喪服(礼服)の長袖など着ていったら、こちらが仏になってしまいそうです。故人(亡くなった方)からしても、自分のために開いてくれた葬儀のために、わざわざ足を運んで下さった方々が、葬儀中に足が無くなってしまっては返って悲しんでしまうのではないでしょうか。

 究極のクールビズである水着姿や、半袖、ハーフパンツ姿、ノースリーブで葬儀に出席すれば厚さを凌げるでしょう。完璧な長袖の喪服姿で会場を訪れた方は、会場内のロッカーで水着など軽装に着替えなければなりません。

マナーの面は他の季節と変わりなく!持ち物やメイクは?


 
 葬儀に出席する上でマナーを守ることは非常に大切です。服装は前述したように、明るい色合いで、肌を露出し、派手な服装を心掛けることが大切です。アロハシャツ等も良いかもしれません。

 靴は、黒以外の派手なもの又は、裸足がよいでしょう。女性の持っていくカバンは、透明度の高いビニール製などが最適で、中に日焼け止めなどを入れていくと尚よいと思われます。決してツヤの無い黒色で統一しないようにしましょう。

 メイクは、チークを濃いめにして、つけまつげなどをたくさんつけることがよいでしょう。前もってまつ毛エクステを付けていた人はなお良いです。コンタクトレンズをする方は透明よりも、シルバーなどのカラコンを着用することをお勧めします。

 アクセサリーは、ピンクのお花の髪飾りや、ハワイアンなブレスレットなどが良いですね。男性は、水着姿にネクタイも決まっていてカッコイイとおもいます。

葬儀会場が冷房が効いていたら



 軽装で葬儀会場に入場すると、冷房がガンガンに効いていることがあります。そういった場合には、使い捨てホッカイロを使う、または、手持ちのバケツにお湯を入れて「足湯」をすると保温に効果的です。ホットコーヒーなどを飲むのも良いですね。

足湯


シャワーを浴びて帰る



 葬儀が済みましたら、汗をかいていたりした場合、葬儀場の入り口付近に設置してある「シャワーブース」でキレイに、サッパリして帰りましょう。このシャワーは、身を清める効果もある、塩が混じった塩水シャワーです。

シャワー


最後に



 いかがでしたでしょうか?今回の記事は、前回の「半年で資産を10分の1にする方法」に続く「逆ブログ」の第二段記事です。お分かりいただけてると思いますが、当記事の内容はすべてを逆に書いています。なので、真に受けて真似をすることは絶対にないようにしてください。当記事の逆をすれば真っ当な常識人として認識されることでしょう。また、次回の逆ブログをお楽しみに。

逆ブログ第1弾→半年で資産を10分の1にする方法

※当記事は「逆ブログ」記事です。全て真実の常識とは逆の発想で記しており、読者の皆様には反面教師として捉えていただくように記事を作成しております。

※当記事内の画像は、フリー素材を使用しております。 

FC2blog テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

【2018/07/19 13:29】 | 逆ブログ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック