HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。

◆今日は良く耳にする「増資」がテーマです。

増資=資本の増加、対して減資=資本の減少です。

そして「増資」と「融資」は全く別モノです。

融資は「借入金」なので社債を発行したり、銀行から資金を調達したりするものです。

つまり、増資は資本が増加し、融資は負債が増加します。

 

①良い増資

いわゆる前向きな増資とは、設備投資やM&Aによる事業拡大など「将来、高利益をもたらす」もの

 

②悪い増資

いわゆる後ろ向きな増資で、赤字補填の為など、将来の利益に繋がらないもの

 

◎増資をして発行済み株式数が多くなると「希薄化」となる。

当然、②のように「悪い増資」の場合は、利益が増えるわけでもなく株式数が増えるわけですから、

EPS(1株利益)値が下がるので株は「売られることが多い」です。

 

しかし、①のように利益増大の為の企業買収など「良い増資」の場合は、

将来的に大幅な利益寄与が想定されますので、株は「買い」と判断されることが多いです

 

発行株数の上位では1位にみずほFG=約253億株~50位の三菱自動車=約15億株程です。

これらの企業を見れば一目瞭然ですが「発行株式数が多い」=「株価低迷」では無いことが良くわかると思います。

(以下、参考サイトURL)

http://www.stockboard.jp/flash/sel/?sel=sel539&tech=&st=&ud=&page=1

 

◆まとめ

実際の株価動向は、いざフタを開けてみないと分からないところはあります。

重要なのは「その増資がメリットとなるのか、デメリットとなるのか」です。

そこを良く考慮して投資を行いましょう。

 

 

※当該ブログは投資を斡旋するものではございません。投資は全て自己責任で行いましょう。

 

 

 

JUGEMテーマ:株・投資

関連記事

【2017/03/15 01:24】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック