HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。

◆日足単純移動平均線(SMA)

(短期=5、中期=20、長期=40)

大方横ばい推移の短期線に対し、中・長期線はデッドクロスから右肩下がりの非常に弱気のチャートだ。

少し前は記事でも書いた通り、反転上昇の兆しがありました。しかし海外情勢の悪化と共に下押しされている。

 

現在もシリア、北朝鮮を取り巻く懸念、米国からの貿易を巡る圧力懸念、フランス大統領選・・・等、懸念材料が多い。

しかしチャートでも分かるように110円台の下壁はとても厚く底値が堅いのも事実。

逆に上値は118円台を上抜け出来ておらず、上昇は物足りなさを感じる。

 

ここからゴールデンクロスしたとしても、中・長期線が右肩下がりである以上ダマシの可能性もあるので注意。

ただ、GCから両線も上向いてくるようなら上昇トレンド化するだろう。

 

 

◆日足一目均衡表

一目均衡表では下抜けし易い右肩上がりの雲を経て、ローソク足は雲下で推移。

しかし雲のねじれから右肩下がりの雲に変化したことで、再度雲の上抜けを試す機会もありそう。

平衡している雲は抜けづらい為、薄いところを狙ってくるか。

 

 

ただ、前述した通り海外の「状況」が悪い方向に一変すれば、テクニカルは当てにならない。

よく、最新のニュースを取り入れながらテクニカルと併用し判断しよう。

 

いすれにせよ現在、日本円は買われ過ぎている。いずれそれが一気に売りに走った場合、反動の上昇は大きいかもしれない。

 

 

JUGEMテーマ:外国為替

関連記事

【2017/04/11 11:43】 | 為替・世界経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック