HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。

◆2017年5月31日18時

同社は「The Prospect Japan Fund Limitedを完全子会社化するための友好的な買収手続き開始の合意」IRを発表。

TPJFの取締役会も全会一致で合意したものである。

http://www.nikkei.com/markets/company/sys/redirect_dis.aspr?ano=aipnec&t=http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr/tdnetg3/20170531/aipnec/140120170531491572.pdf

 

 

◆買収するTPJFの大株主の面々

・Lazard Asset Management

・1607 Capital Partners

・CG Asset Management

などの面々が大株主に名を連ねる

 

◆今回の買収はプロスペクトを大きく変える

 

・無借金経営であるTPJFの買収により、当社グループ連結における自己資本の大幅な強化が見込まれるため、

借入調達余力の拡大により成長戦略を加速させる

 

・当該投資対象企業の株式を売却する場合にも、当該株式売却により得られた資金を更なるM&A戦略や次世代エネルギー事業投資等に振り向けることで成長戦略を加速できる

 

・TPJFの投資ポートフォーリオは不動産・金融・建設関連の成長余力を持つ企業を中心に形成されており、

当社の掲げる M&A 戦略における対象セグメントと合致していることから、

TPJFの投資対象企業には有力な事業パートナー候補となり得る企業が含まれていると判断しており、

当該事業パートナー候補との個別の対話を通して、幅広い分野においてアライアンスやシナジーの機会を見出すことができる

 

→TPJFの保有する主な日本株

・福島第二地銀2行(大東銀行、福島銀行)

・プロスペクト

・丸八倉庫

・長野銀行

etc

 

◆事業基盤強化により今後の成長戦略は加速するだろう

・再生可能エネルギー関連ではメガソーラー事業に引き続き、バイオマス分野も視野に。ロシア林業大手のRFPグループと木質ペレット(木質バイオマス)案件で覚書締結済み。木質バイオマスは林野庁のすすめる国策と合致。

・ハワイ・ホノルルの大型開発案件(コンドミニアム)が好調で業績寄与。

・子会社の機動建設工業は、地下推進工事のエキスパート。無電柱化に伴う送電線類地中化技術を保有しており、国策と合致。その他にも高い技術力を誇る。

・子会社のササキハウスは住宅用VR(バーチャルリアリティー)導入など先端技術も取り入れ評判上々の様子。

・前期に引き続き今期も配当3円予想継続

 

などなど思惑も含め、期待値が高い企業です。

 

※当該ブログは投資を斡旋するものではございません。投資はすべてにおいて自己責任でお願いいたします。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:株・投資

関連記事

【2017/05/31 22:48】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック