HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。

◆各利益(損失)の意義
 

 

・営業利益=売上高から人件費等のコストを差し引いたものがこれ。「本業」のみで稼いだ利益を表す。売上高が良くても、経費がかさめば営業利益は少なくなる。

 


・経常利益=営業利益に営業外収益を足して、営業外費用を差し引いたものがこれ。会社の「事業全体の利益」を表す。本業が順調でも、借入金の返済等が多いと損失に。

 


・当期純利益=経常利益に、本業とは関係の無い特別利益特別損失を足し引きし、税金を差し引いたものがこれ。最終的に会社に残るお金。
 


◆どの利益(損失)を重要視するのか

一番重要視すべきは「経常利益」である。
営業利益は本業の業績のみに左右されるが、経常利益は会社の資産運用や借り入れなど、事業全体にかかわる損益だからである。
​つまり経常利益が赤字である場合、その企業に危険シグナルが灯っていると思えば良い。
​純利益や営業利益が赤字でも経常利益が黒字であれば、その企業は業績の回復が見込めるのである。

​どの損益も重要ではあるが、敢えて重要度の順位付けをするのであれば

①経常利益
​②当期純利益
③営業利益

の順番である。



​◆では実際に平成29年3月期連結の【3528】プロスペクトの決算報告書を見てみよう。


営業利益は4300万円のマイナスと赤字計上しているが、経常利益は5億1600万円の黒字を叩き出し、当期純利益も4億8800万円の黒字計上。つまり、本業が不調で営業利益こそ今回は赤字であったが、経常利益面で大きく収益を計上したので、当期純利益面から見ても好決算と言える。更に営業利益に対し大きく上回る経常利益を計上しているので、今後の本業績回復、増収増益が大いに期待できる企業と言える。


​※当該ブログは投資を斡旋するものではございません。各言葉の意義、数値の正確性については万全を帰しておりますが、必ずご自身でご確認ください。投資はすべてにおいて自己責任となります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:株・投資

関連記事

【2017/06/19 10:54】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック