HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。

●大株主など

大株主に(株)ビッグサンズと光通信

光通信グループと資本・業務提携し、会社再建中である。

 

●事業

デジタルサイネージ、LED照明、電子レジ等を手掛ける。

 

●キャッシュフロー

営業CF及び財務CFマイナス

平成29年期決算では営業・経常共にマイナス(赤字)

平成30年期決算で微益ながら黒字転換目指す

※過去実績は上方修正0回、下方修正3

 

TBグループへの期待と思惑

現状の業績のみを見た場合、到底投資に値する企業とは言い難い同社株。

しかし2020年を見据え今後の活躍の場が期待できる可能性がある。

 

同社の中でも一段と光る「デジタルサイネージ」分野。

総務省は2020年に向けた社会全体のICT化推進に関する懇談会の開催し、当該アクションプランとしてデジタルサイネージの推進を掲げている。

デジタルサイネージによる観光情報等個人に最適な情報発信を行う。

そしてクラウド技術を活用したデジタルサイネージによる相互接続の確保、ICTショーケース、緊急災害情報提供等最適な情報提供基盤の構築を創出。

TBグループがどこまで絡めていけるかは未だ未知数だが、期待したいところだ。

 

TBグループは(株)エムモビリティの主要株主にも名を連ねる。エムモビリティは同社の大株主である(株)ビッグサンズのグループ企業だ。

このエムモビリティ社はIoTソリューション及びフィンテック事業の企画・開発なども手掛けておりここにも様々な思惑が交錯する。

 

●まとめ

現在の業績はハッキリ言って「悪い」。営業赤字に加え、経常の赤字は痛いところ。過去に下方修正を数回行っているのも気に係るところである。

だが、事業内容は2020年に向けた政府方針、オリンピック関連として合致しており、期待はしても良い。

時価総額が72億円程度なのでTOB等を仕掛けられる可能性も否定は出来ず。

以上を考慮し、思惑で買いも良し。しかし、財務的懸念残るためリスク管理徹底せよ。

 

※当該記事は投資を斡旋するものではございません。投資はすべてにおいて自己責任で行いましょう。

 

JUGEMテーマ:株・投資

関連記事

【2017/07/26 14:48】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック