HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
税金


消費税10%時代へ


 2014年(平成26年)4月1日に「5%」から現行の「8%」に消費税率の引き上げが施行された。この3%の引き上げは波紋を広げて、一大ニュースとなったが、これは過程に過ぎないのだ。日本政府は消費税を2019年10月にも「10%」への引き上げを予定している。消費税とは、一般的に店頭やインターネット上で買いものをする際や有料のサービスを受ける際などに、そのモノの価格に対して上乗せされる税金をいう。現行の8%の場合、1万円の買い物をした場合、800円を上乗せして支払うのが義務となる。

消費するのに支払っている税金は最低13%


 皆さんが普段、何か買い物をしたりしているそのお金、どこからきていますか?特別な場合を除いて、働いたことに対する労働報酬で所得を得て、その所得の中から様々なものを購入したり、サービスを受けたりしているわけです。

 ここが問題です。こういった所得には、所得税という税金が課税されてきます。以下の表に、平成27年以降の各所得に対する所得税率を取りまとめました(特例を除く)。

所得金額 課税率
195万円以下 5%
330万円以下 10%
695万円以下 20%
900万円以下 23%
1,800万円以下 33%
4,000万円以下 40%
4,001万円以上 45%

 この表を見ればお分かり頂けると思いますが、最低でも5%の所得税がかかります。30代前半の平均年収が約400万円ほどということを考慮すると、それに対する課税率は上記表の3段目、20%もの所得税がかかることになります。

 つまり何か商品を買うのに支払った税金を単純に計算すると、最低でも所得税5%+消費税8%=13%もの税金を支払っていることになるのだ。所得税率20%であれば消費税加算して、28%。実際問題、消費税13%と変わりないのである。

 どうでしょうか?この計算を当てはめれば、1万円の商品を購入するのに、最低1300円も多く支払わなければならないのです。この税金分、1300円もあれば外食等いろいろなことにお金をつかうことができますね。

 消費税だけに気を取られがちですが、政府は着々と各方面の税金創設を進めています。一例としてあげれば、国際観光旅行税が2019年1月~施行されます。日本を出国する際に、一人一回あたり1000円も加算されるのだ。

消費増税に反対


 このように税金に、何をするにも税金がかかる今の日本。上場企業の株価が上がったところで、関係のないひとの暮らしが豊になるわけではありません。消費税は5%でも高いのに、8%に上がって益々、財布の紐を堅く閉ざした人も多いことと思います。

 国の税収アップのために、消費増税を目論んでいますが、本当にそれで良いのでしょうか?我々NYKは増税に対し、反対する立場です。消費増税を行えば、国民の財布のひもは更に固くなることでしょう。

 増税を行った場合、国民が高い買い物をすれば税収は増加しますが、国民はきっと「なるべく安い物」を求めて動くでしょう。すると必然的に税収は増えないことになります。更に、安いものでも買ってくれればいいですが、消費自体を控える動きになれば、その行動に対しての税収はゼロになりかねません。

消費減税が良い


 消費増税は、財政赤字の問題を先送りしているだけに過ぎないでしょう。増税したところで、生活に対する締め付けが厳しくなり、国民の負担や不満は増える一方です。既述したように、消費も控える動きがでてくるでしょう。

 ではどうすればいいのか。いっそのこと、国民が負担する税金を軽減すればよいのです。消費税8%から10%に増税するのではなく、消費税を3%に減税してみましょう。すると、5%の減税となるわけですから、一気に国民の消費は増加すると思います。

 そうなれば必然的に高価な買い物も多くなり、税収は総合的にみてUPしてくるのではないでしょうか。この減税を行う際に、以前の5%に戻すだけではダメです。「以前の5%よりも安くなった」というインパクトが重要なのです。
 すると、売る側も販売価格に余裕をもたせる効果も発生し、一石二鳥でしょう。

※当記事は、NYKが自己理論を述べたものであり、正論を証明するものではありません。人により、様々な理論があるかと思いますので参考程度になさってください。




【2018/06/25 14:19】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |
 最近のパソコンには画面タッチで操作できるタッチパネル(タッチスクリーン)が搭載された機種も多くあります。Windows(ウインドウズ)8の登場から急激に増え始めました。
 便利の反面、画面を少し触れてしまうと、何かを選択してしまったり、ちょっとした汚れを拭くときにも無駄に反応してしまいます。また、タッチパネルを有効にしたい場合も同じ手順で有効化できます。

 今回の記事ではWindows8やWindows10において、そのタッチパネルをオフ(無効)又はオン(有効)にする方法を図解入りでお教えします。

1.Windowsキーを押す



画像で示したマークがWindowsキーです。この「Windowsキー」と「S」キーを同時に押すと「検索バー」が出現します。

検索バーに「デバイスマネージャー」を入力して検索し、デバイスマネージャーを開きます。

※デバイスマネージャーは「コントロールパネル」からも開くことが出来ます。


2.デバイスマネージャーでの操作



デバイスマネージャー内の「ヒューマン インターフェイスデバイス」を開き、その中の「HID 準拠タッチスクリーン」にマウスのカーソルを合わせて、「右クリック」メニューを開くと「デバイスを有効にする」又は「デバイスを無効にする」の選択ができます。

・タッチパネルをオフにしたい場合=デバイスを無効にする

・タッチパネルをオンにしたい場合=デバイスを有効にする

これで、有効/無効の切り替えが簡単にできます。

FC2blog テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

【2018/06/22 23:36】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |

ベーシックインカム=「すべての国民が平等に給付を受けられる」制度



現行の社会保障=特別な事情などが発生した場合に給付される制度



 つまり、ベーシックインカムでは「全ての国民が給付対象」なのに対し、現行法では「特定の事情にならないと給付されない」ということだ。ただ、勘違いしてはいけないのが「すべての国民が豊な生活を送れる給付」では無い。衣食住を中心とした最低限の保証が給付されるということを念頭に置いて頂きたい。

現行法での支給対象事例



罹患=健康保険から医療費大部分
最低限の生活が出来ない=生活保護
特定の年齢=年金制度
など

 つまり上記事項で考えると、健康で収入があって特定の年齢に達しないひとは何の得も無い制度だ。
対する「ベーシックインカム」制度はこういった特例を無くし、全ての国民が平等に一律の給付を受ける。(但し、特例付きベーシックインカムも有り得る)

ベーシックインカム制度導入で考え得るメリット



①「すべての国民が平等」なので「0歳」から給付対象となり、少子化対策
②より豊かな生活を求める場合は制限なく働ける
③将来、貰えるかどうかも分からない年金よりも現実味がある
④働きすぎの「日本人」にはもってこいの制度!?時間にゆとりができ豊かな人間に
⑤本当の意味で「生活が困難」な人間は保障を支持するが、法的抜け穴を使って無駄に「生活保護」を利用する人間を淘汰できる
⑥医療費を抑えられる
(医療機関では生活保護は医療費の100%が自治体(働く皆様の血税)から支給されるので不必要な検査などを上乗せされている場合があり、それを抑制できることはもちろん、受診者も窓口負担が無いのでちょっとしたことで点滴などに訪れることが多くそれも抑制できる)
⑦貧困層が減少する
⑧起業失敗リスクの軽減で、自立・起業者が増加する
⑨投資が増える

ベーシックインカム制度導入で考え得るデメリット



①平等に給付を貰えるので労働意欲を奪う
②生活保護などが無い為、貰った給付金の自己管理をきちんとしなければならない
③給付金を使い切ってしまって他に収入が無い場合は全て自己責任
④ベーシックインカムの財政源と国民の税金はどのようになるのか

といった形でメリット、デメリットが考えられる。しかしデメリットも考え方と保障内容次第ではメリットにも成り得る。例えばデメリットに労働意欲を奪うと記載したが、当該制度では生活に必要最低限な給付が成されるのみであり、豊かな生活を送る為に少しでも稼ごうとする人間も存在するはずだ。

 ベーシックインカムで求められるのは「自立」である。せっかく給付されたお金を無駄遣いして貧困に陥っても国は助けてくれないので「自己管理」をきちんとすることが大切だ。

 NYKはベーシックインカムを支持するかしないかというと、どちらかといえば「支持する」。皆が平等に給付を受け、豊かな暮らしを求めたければ働く。これは生活する上で基本的なことである。既述したように、平等な給付を受けているわけで、計画性の無いつかいかたをする人間は、その後の保障を受けられなくても自己責任である。それ故、今まで以上に、きちんとした管理が必要だ。
つまり、きちんと管理さえできれば怖いものは無いのである。試験導入でもなんでもしてみるべきだと我々は考えている。

NYK

【2018/06/13 23:35】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |

携帯電話通信事業大手3社


ドコモやau、ソフトバンクなどの通信会社の多くは月々割等と謳った2年縛りの契約が主流。 でもこれ、中途解約する場合、9500円(税抜)もの契約解除料がかかるんです。 大変、高額です。そもそもなぜ中途解約で1万円近くも取られなければならないのか、その金銭感覚は理解し難いという方が大半を占めているでしょう。





時代は通信料金節約の流れ 現在は「格安SIM」や「格安スマホ」と呼ばれるMVNOを利用する方が増えています

>

*SIM=スマートフォンや携帯電話に差し込んでいる小さなICカードで、自身の電話番号等が記録されています。



これを差し替えるだけで別の端末を自分の番号で使用することも可能です。





データ通信約3GB+音声(携帯電話番号)付でも月額に約1400円程~1800円程が多いかと思います。 しかし大手3社は一般的なパケット定額+音声(携帯番号)で約7000円近くするのです。(一例)





電話番号をそのまま新しい通信会社に移行できる、便利な「MNP」ナンバーポータビリティー


大手3社から格安SIMに乗り換えるときは、携帯番号が変わると知人・友人などに伝える手間がかかってきます。 そんなとき便利なのがこの「MNP」です。 これを使うと電話番号を変えずに別会社へ移行できます。





いざ、格安スマホへ!と思ったこの時、「契約解除金」に注意



特に大手3社はいずれも1番目に説明した通り2年契約が多いのです。 これは2年経過した時点の「ある一定の期間」を除いて解約する場合には9500円+税かかりますよ。ということです。 会社側の思惑としては、解約金が高額なため、中途解約すると損をするから2年は使ってください。ということです。





しかし、格安スマホはデータ量を3GBとしたときに月額にして約5500円程~節約できるので2か月程で元を取れます。



もちろん、その人それぞれの契約方法にもよりますから、ご自身でしっかり見積もってください。





契約解除金を払ったとしても、あと何ヵ月も高い料金を払い続けるなら、解約するという方が多いです。





契約解除金は自社の利益を損なう可能性も



・約1万円もの契約解除金を支払わされて、他社に乗り換えたユーザーは、そんな高いお金を払わされたところには、二度と戻りたくないでしょう。





・2年縛りで中途解約には違約金がかかるというプランを立てている時点で、ユーザーから見れば負のイメージが立ちます。





・契約解除金=ユーザーからは「せこい」というイメージが強いです。







※大手三社には大手なりの良いところもそれぞれあります。通信の安定などもそのひとつです。しかしそれらだけでは現代のユーザーを引き留めておくことはできません。





【2018/06/13 23:07】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |
患者診察

執筆:NYK 高木 2018年6月13日

はじめに


 病院、クリニック(診療所)、こういった医療機関は大半が保険医療機関として運営されています。皆さんも「お腹が痛い」「ケガをした」などの理由で受診したことがあるでしょう。このとき保険証を提示すれば、負担割合に沿って請求額が軽減されるのが現在の日本の医療受診システムです。

 例えば、一般的な働く20代であれば「3割負担」で残り7割は国保連合会や社会保険支払基金等から病院に支払われます。この支払いを受けるには医療機関側がレセプト(診療報酬請求書)を保険請求先に提出しなければならないのです。

診療報酬の請求


 レセプトは検査や処方内容との整合性が問われるのですが、一番重要なのは「傷病名」で、この傷病名については診断をした医師がカルテ等に記載しなくてはならないのです。ただ、ここで問題が発生します。医療現場において多忙を極める医師は、この病名の記載を怠り、結局、事務担当者らが判断し記載していることも多いのです。レセプトを通すための病名「レセプト病名」です。

 その人物の疾患を見極めるために血液検査やCT検査を多く注文する医師もいますが、それでも診断がつかない場合、やったことに関してはすべて「疑い病名」を付けなくてはならないのです。一つ一つの検査に対し疑い病名が何個も羅列されます。診療報酬を支払う側からすれば「この病院の医師は症状からの判断能力が低いのかな」とも思われかねません。

 医学知識もかじった程度の事務員等がレセプト病名を付ければ、プロから見れば見破られることも多いでしょう。例えば、高血圧で治療中の患者がいたとして、ECG(心電図)とX-P(胸部レントゲン)の検査を行ったとします。ここで事務員が「今月はこの検査を行っているけど、特に所見はないから、左心肥大と不整脈の疑いでもつけておこう。」とレセプトを作成し請求します。この請求を受けた側は、これはド素人が付けた病名だと一発で見破ります。なぜなら、高血圧で治療中であれば、定期的にECGやX-Pでフォローするのが通常であり、新たな病名等必要ないからです(一例として挙げています)。

 ただ、事務員側も好きで自分で病名をつけているわけではないでしょう。病院の方針に逆らえず、やむなく付けているのです。悪く言えば「クビになりたくなければ、言う通りにしろ」ということです。「俺は医者だ、医者がいなければ病院は成り立たない」などと思っている傲慢な医者が多いのも事実なのです。
 

診療報酬が支払われない


 病名を含むレセプト内容に疑問符がつくと、連合会や支払基金から「返戻」という形で戻され、必要箇所を訂正してい再提出するまで報酬が支払われなくなります。病名が検査内容と不一致などの場合、返戻されたレセプトに関し「なんでこんな病名もつけられないんだ」などと罵倒されることもあるかもしれません。傷病名を付けるという自分の仕事を全うしていない人間に言われたくはないことですね。

診察しないで薬だけ


くすりと医師


 次に「薬のみ」について触れる。日常生活が多忙な患者からすれば、病院での待ち時間は苦痛なものです。それが軽症であればあるほどです。薬だけ貰えませんか?と聞いて、はい、では薬だけ用意しますね。といわれ薬又は処方箋を手渡され支払いだけして終了ということを経験したことがある人は非常に多いと思います。でもこれ「違法行為」なのです。
 
 患者側には罪の意識はありません。医療従事者でない限り、これが実はダメなことという認識が無いからです。ですが、医療機関側は知らなかったでは済みません。と、いうよりも絶対に知っているハズです。医療従事者であれば最低限の療養担当規則位は頭に入っているでしょう。

 医療機関は、薬を処方する際に患者本人を対診(きちんと対面して診察すること)して処方を行うことと法で定められています。こういうことを日常で行う医療機関の医師は、厚生局等の監査の際にバレないようにカルテに「Folloe up」や「n.p.(No problem)」などと記載をして処方内容を書いておきます。実際の書面上では、患者本人が告発でもしない限り、バレることは少ないかもしれません。

医療機関から提案!?


 ただ、患者側から”忙しい”などの理由で薬のみを医療機関にお願いするのはまだマシなのです。医療機関によっては、予め定期診察などの予約をとっていて、来院した患者に対し診療前の問診する看護師などが「今日、特に具合が悪くなければ薬だけ出す形でもいいですかね?先生、今日とても混んでいてたくさんお待たせしちゃうし、この後Opeだから」等と”医療機関側から”薬のみへの変更を伺ってくる場合があります。これは、とんでもないことです。

 患者からすれば、せっかく予約をとってきたものを医師と会えずに薬だけにされてしまうのです。もちろん、請求される金額には診察したときと同じく再診料や、検査をしていれば検査料などもきちんと加算されて請求されます。医療機関側は、診察してないからといって診察料を抜けば、不自然となり不正がバレることになるからです。なぜ、診察料をとっていないのかと聞かれ「薬だけにしましたから」とは言えませんからね。

過去事例

 
 もう数年前の話になりますが、ある医療機関で「薬のみ」の扱いをしているとの噂を聞いた役人が患者としてその医療機関に通い証拠を集めて摘発したこともあります。こういったこともあり、現在では小さいクリニック等でも「薬のみは扱わない」と改めて掲げる医療機関も増えています。もし、医療機関に通ってして、このような行為を受けた場合は、厚生局に電話すれば一発で注意、または監査に入ってくれるでしょう。しかし、なかなか上手くいかないもので、患者と医師との人間関係、今までの診察の経緯などがありますから、患者側がきちんと名乗り、証拠をつかむまでにいけない状況もあります。患者の中には医師に対し情がわいている方もいらっしゃるでしょう。

 診療報酬に関わることとなれば、そのプロフェッショナルである「医療事務」従事者がメインとなります。ですが、前述したような薬のみの際の診察料の取り扱いなどを含む、多くは医療事務の判断ではなく、組織によって決められています。医療機関の組織というのは一般企業とは違い、医師を筆頭にすることから特殊なものがあります。そんな組織にイチスタッフが逆らうのは、中々難しいでしょう。また、重要な役割を担う病院では、その病院が傾けば患者が路頭に迷う場合も想定されるため、お役所もある程度は目をつぶる、または、不正に対する措置を軽減するなどして対応しなければならないのが現状かもしれません。

最後に


 一生懸命に、真面目に、診療、医療に取り組む医療機関、医師、スタッフも大勢います。今回挙げたのは一例であり、すべての医療機関がこれに該当するわけではありません。優良な医療機関もたくさんあります。患者と医師、その両者共にメリット、デメリットがあるのが今の医療現場の状況です。病院でも待ち時間問題も然り、救急搬送のたらい回しも然り。
 このような状況を打開し、皆が適切な医療を「受けられる」世界、そして適切な医療を「提供」できる世界になってほしいと願うこのごろです。

 NYK公式ツイッターフォローはこちら







【2018/06/13 15:22】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |