HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
 《3528》プロスペクト社は8月29日、一部報道を否定する内容のIR文書を公表した。

↓プロスペクト社が公表したIR内容↓

題: 本日の一部報道について

文面: 本日、一部報道機関において、当社の子会社でありますプロスペクト・アセット・マネジ メントが株式を保有する地方銀行に対して配当支払いに引き上げ圧力をかけたとの印象を 与えかねない記事が掲載されておりますが、そのような事実はございません。



 これは、日経新聞が8月29日朝刊で発表した記事が発端となった。
 内容はプロスペクト社の子会社であるプロスペクト・アセット・マネージメント(PAMI)が大株主となっている福島県内の地銀(福島銀行)に対し、2016年期最終減益、2017年期減益幅拡大にも関わらず配当政策(増配や維持)を強行したというような旨の内容になっている。
そして地銀の配当性向に対し、金融庁も懸念を表明した。詳細は、日経新聞を読んでいただきたい。
日経新聞記事↓
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34696030Y8A820C1EE9000/


 しかし、プロスペクト社は前述したように、そのような事実は無いとしている日経新聞も裏をとっての記事出しであろうが、当事者(銀行)がその事実を認めればプロスペクト社にとっては苦しい展開も予想される。逆に、本当にその事実が無いのであれば、プロスペクト社は無実であり、むしろ風評被害の被害者となる

 プロスぺクト社は、最近の動向として、同じく福島県内地銀である大東銀行株の保有に関しその一部をPAMIからプロスペクト(親会社)に移し替えている。これらの行動が今回の報道と関係のあるものなのかは不明だが、今後の動きにはより注視していきたい。


 ※当記事は投資を斡旋するものではございません。投資は全てにおいて自己責任で行いましょう。
関連記事

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2018/08/29 22:19】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
Linked Inを使えば、世界のあらゆる投資家や経営者、取締役、富裕層、その他さまざまな人々のプロフィール、経歴をみることができます。(当然ですが、登録していない方のプロフィールはありません。)

ですが、Linked Inアプリは、フェイスブックやインスタグラムなどに比べ、ビジネス向けに活用することが可能です。意外な経歴もみることができます。

例えば、この会社の新しい取締役、実際どんな人なんだろう?

となったとき、Linked Inアプリで検索すれば、人物像が掴めるかもしれません。そして、過去にこんな会社で役員をやっていたなら、今の会社で、もしかすると?こんなことをやるかもしれない?などと先行投資の糧となることもあります。(個人的見解)




LinkedIn - LinkedIn Corporation

いろいろなビジネス成功者のプロフィールと触れ合ってみてはいかがでしょうか?
関連記事

【2018/08/28 14:36】 | 日本株・日本経済
【タグ】 LinkedIN  
トラックバック(0) |
皆様、株式市場全体が今一つ奮わない中、いかがお過ごしでしょうか?
publicdomainq-0003111yaq.jpg


◆一番目立つストップ


 今回の記事では、ストップ高、ストップ安銘柄について陥りやすい罠に関して触れます。

 証券会社のサイトやツールなどで現株価のランキング表示などを行うと、やはり一番目立つのはストップ高やストップ安という銘柄ではないでしょうか?このとき、特に初心者が陥りやすいのが「飛びつき」です。

 人間の心理としては、ストップ高は買いたくなり、ストップ安は売りたくなります。自分が現在保有している株がストップ安なら、尚更売りたくなりますよね。ストップ高とストップ安は「逆」というだけなので、この記事内では主に「ストップ高」について述べていきます。

◆ストップ高の罠



 それではストップ高の「罠」について説明しましょう。

 時価総額の小さい銘柄であればあるほど、莫大な資金を持った大口や機関投資家にかかればストップ高を「演出」することも容易です。例えば、悪決算などの悪材料が出現して投資家が投げ売りをしたとしましょう。すると、その投げ売り(狼狽売り)分を大口投機家はコツコツと株価を上げないように拾っていくわけです。

 そしてある日突然、何の好材料も無いのに出来高が急増して株価が急騰、ストップ高にまで持っていきます。ストップ張り付き後は自己資金でストップがはがれない程度に成行買いや指値買いをいれていけば済みます。

 すると個人投資家は「なんだ?なんだ?いきなりストップ高になっているぞ?何か出るんじゃないのか?」などと気持ちが高揚して成行買いを入れてきます。そして大引けとなります。

 このとき、大引けまで一度もストップ高が剥がれずに維持していれば、更に市場で注目をあつめることができます。そして個人投資家は翌日こそは買いたいと注文の継続または、予約注文を設定して翌日を迎えます。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】






◆大引けの買い数量=翌日の買いでは無い



 ここで勘違いをしないでいただきたいのが、「大引けの買い数量=翌日の買い圧力ではない」ということです。

 例えば大引け時点での売り数量が2万株で、買い数量が40万株あったとしましょう。すると、これは明日もストップ高いくかもしれないと考えてしまう個人もおりましょう。しかし、よく考えてください。

 その日のストップ高で成行買いを入れている投資家たちは「その日のストップ高の値段なら買っても良い」と思っているのです。

 なので、最大値幅が100円だとして翌日のストップ高には更に100円値上がりしなくてはならないのです。そうなると、株の買い付けに必要な資金も必然と多くなります。株は安く仕込み、高く売るのが基本であるため、この行為は危険を孕みますので避ける投資家が多いでしょう。

◆翌日には大きく売り込まれることも



 ストップ高銘柄でよくあることですが「その日はストップ高で、翌日の気配値も高い」ということで買いを入れてしまうケースです。その気配値は前日にストップ高に持ち込んだ大口の演出で「早く買わないとまたストップ高張り付きになってしまう」と思わせるのです。

 するとどうでしょう。寄付きから高気配で始まった株価が突然売られ始め、前日比マイナス転換、悪ければストップ安なんてこともあり得ます。

 これが大口により一連の仕掛け・トラップです。

◆良いストップ高もある



 良いストップ高というのは、その銘柄がストップ高をするに相応しい「好材料」を伴うケースです。

 この場合は、材料次第では何連続ものストップ高をして株価が跳ね上がる場合もあります。

 材料が無いストップ高でもテクニカル分析などの観点から、すべてが大口や機関の仕掛け・トラップでは無いでしょう。しかし、そのような危険を孕んでいることは十分に頭に入れておくべきです。





◆まとめ



 株式、為替の市場は良くも悪くもダマシの多い世界です。表面だけの株価の良い状態をみるのではなく、その銘柄の中身をきちんとみて、今後の予測を自分なりにたててトレードしましょう。良いことには裏があるかも!?程度に考えておくと良いです。

NYK M




関連記事

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2018/08/23 15:49】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |