HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
 冷蔵庫に入れた食品、すべての賞味期限を覚えるのはまず無理ですよね!スーパーマーケットで「あ!コレ美味しそう!賞味期限も持つし買っておこう!」と買っておいて、日々を過ごしているうちに期限を1ヵ月も過ぎて冷蔵庫の奥から出てくる、なんてこともありますよね!

 そんな賞味期限、消費期限を簡単に管理できるアプリがとっても便利なんです!


賞味期限管理のリミッター(Limiter)



 Limiter(リミッター)は商品のバーコードを読み取り、自分で設定した賞味期限を通知してくれる食品管理アプリです。 うっかり賞味期限を逃し食べ物を捨ててしまった経験はありませんか? 商品をバーコードで読み取る事で自分が保持している食べ物の管理も簡単にできます。 在庫の管理も簡単 一度商品を登録するだけで 次回バーコードを読みこむと今冷蔵庫に在庫があるかどうか?を瞬時に教えてくれます。 なんと買い物メモ機能も搭載。 買い物から食品管理までお任せ。 Limiter(リミッター)は色んなシーンで活躍します。 ・震災前に購入をした防災グッズ、知らずうちに賞味期限が切れてしまった!


賞味期限管理と在庫管理で無駄をなくして節約!-かうサポ



 食材の登録はたったの2ステップ! 誰でもすぐに始められるオシャレな”賞味期限”管理アプリ! まだ大丈夫だと思っていた卵の賞味期限が切れていた・・・という経験ありませんか? Limitはそんな時に役に立つ、食材などの賞味・消費期限をとっても簡単に管理できるアプリです。 【とっても簡単だから長く続けられる!】 食材の写真を撮って、賞味期限を設定しておくだけ。 複雑な操作や設定がないので、誰でも気軽にずっと続けられます。 【期限の近い食材が一目瞭然!】 期限が近くなった食材から順番に表示。 写真なので、ひと目で把握できます。 【期限切れになりそうな食材をお知らせ!】 お知らせ機能


写真でかんたん賞味期限管理:Limit



 食材の登録はたったの2ステップ! 誰でもすぐに始められるオシャレな”賞味期限”管理アプリ! まだ大丈夫だと思っていた卵の賞味期限が切れていた・・・という経験ありませんか? Limitはそんな時に役に立つ、食材などの賞味・消費期限をとっても簡単に管理できるアプリです。 【とっても簡単だから長く続けられる!】 食材の写真を撮って、賞味期限を設定しておくだけ。 複雑な操作や設定がないので、誰でも気軽にずっと続けられます。 【期限の近い食材が一目瞭然!】 期限が近くなった食材から順番に表示。 写真なので、ひと目で把握できます。 【期限切れになりそうな食材をお知らせ!】 お知らせ機能も。

賞味期限メモ FreshPantry



 日本テレビ「有吉ゼミ」で紹介されました! App Store 有料ランキング1位になりました! 写真で賞味期限を管理しよう。入力が簡単で、見ていて楽しい! これでもう食材を無駄にせずにすみます! このアプリの特徴は "早い" "迷わない" こと。 写真を撮って、期限日をつけるだけのかんたん登録。 「いつのまにか賞味期限が過ぎていた」 「食材を管理したいのに、続かない」 というあなたの問題を、このアプリでぜひ解決してください。 もちろん、食材以外にもお使いいただけます。 お薬、ポイント、クーポン、化粧品の使用期限など 幅広い用途でお使いください!

かんたん消費期限管理



 面倒な設定はできるだけ減らして、単純に「何があって、それはいつ期限切れになるのか」を知るためのシンプルなアプリです。 調味料や飲み物、冷凍食品、非常食、お菓子、缶詰、薬品、など消費期限を気にしないといけないものは身の回りにたくさんあります。 それを全部覚えておくのは難しく、使おうと思ったときに「あ、期限切れてる」となった経験はないでしょうか? このアプリはそんな「知らない間に期限が切れていた」という事態を防ぐために作りました。 必要なときに期限切れに気づくのではなく、事前に把握して生活の無駄をへらしましょう。 機能 * 大きく二つの一覧表があります。


いかがでしょうか?これらのアプリを活用するだけで、無料で簡単に賞味期限、消費期限の管理ができちゃいます!

ぜひ使ってみてください^^

FC2blog テーマ:コレ、すごいよ! - ジャンル:ライフ

【2018/09/05 15:21】 | 雑学・知識全般
【タグ】 賞味期限  消費期限  
トラックバック(0) |
 皆様、厳しい残暑の中、いかがお過ごしでしょうか?今回は世の中で問題となっている”ブラック企業”についての話題です。

イチ企業に拘るな


 日本人は早い人で中学校卒業後から、遅い人でも大学卒業後から、大抵の人が職について働くでしょう。いきなり起業する人もいることはいますが、多くの人は会社を選んで「就職という道を辿るのではないでしょうか。

 日本人は昔から年功序列型が普通だと刷り込まれ「一度入った会社は定年まで勤めあげる」が定例となっています。20代や30代の君たちの親世代もそうではありませんか?

 それ故に就職は人生においての一大イベントとなり「一度入ったら簡単に辞めるわけにはいかないのだから、よく選ぼう」となるわけです。そして、いざ会社に入って上司に無理難題を押し付けられても「これは試練だ」とか「せっかく頑張って、自分で選んだ会社だから頑張らねば」などと自分自身を奮い立たせるわけです。

無理難題は君の為ではない、会社のため



 その無理難題が本当に自分のためになるものであれば良いですが、そうで無い場合も多いです。

 例えば上司から「これは辛い仕事だが、お前のためだ。明日中にまとめてくれ」と仕事を渡され、上司は帰宅、自分は期待に応えるため深夜まで残業。

 本当にあなたのためですか?あなたの為を思うのであれば、上司は自分を手伝ってくれるはずであり、少なくとも部下より先に帰らないはずです。それに、本当にあなたのためを思うのであれば、なるべく早く家に帰して休養を取らせるべきです。

あなたのとるべき行動・断る勇気



 この仕事を頼まれた時点で、あなたの取るべき行動はコレです。
 
 ①上司に対し、私の為とおっしゃいますが、具体的にどのような見返りがあるのでしょうか?と質問し、きちんと見返りがあるのであれば、それを文書にして上司に同意のサイン、母印などを頂いておきましょう。

 ②仕事を辞めて転職します

 この二択です。①は大抵の上司は口だけで、その場しのぎの為、直接問うケースで、②はその時点で会社の体質に見切りを付けて即転職するケースです。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】





社長に問え



 そして、上司だけが変だと感じた場合は、直接社長に問いましょう。社長というのは、その企業のトップであるが故、遠い存在と思いがちですが、社長とあなたは対等な立場です。雇用者と被雇用者なわけです。

 そのうえで、社長が問いかけに応じなかったり、「無礼だ」とか「わが社のやり方に文句があるならやめてもらって構わない」などという口を叩くならば、おっしゃる通りすぐに辞めましょう。社員がものを言えない会社に未来はありません。

会社に対する考え方



 会社に対して引けを取る必要はまったくありません。こう思いましょう。

 「面接」・・・面接を受けにきてあげてるんだ
 「雇用」・・・この会社の利益の為に働いてあげてるんだ


 と。少々、角が立ってますが、そのくらいの気構えでいないといけないということです。近年よく耳にしますが、会社で働くことが原因での自傷行為など、その最たるものです。会社の為に死ぬ必要なんてありません。生きてください。

 世の中に会社(働く場所)などいくらでもあります。その一社に拘る事は全く持ってないです。

人生の半分以上が無駄になる



 この世に生を受けて、平均20才くらいから65才まで働いたとして45年間。寿命が80才とすれば人生の半分以上をささげていることになります。あなたの人生の半分を苦痛を伴う「ブラック企業」に捧げてどうするんですか?

 "今すぐ目を覚ましなさい"


筆者の体験談、後悔する前に



 かつて私もブラック企業に勤めていた経験があります。私が勤めていたのは医療機関です。業務範囲を超える業務の内容、月の残業時間は100時間を超える、もちろん残業代はカットありなど、最低な職場環境でした。共に働く人々が、一緒に働くに値する良い面々だったことだけが不幸中の幸いでした。私は約10年程在籍しましたが、いくら月給が多少高くても割に合いません。

 私は上の者やそのまた上の者などにまで今の状況打開を打診し、何度も改善を求め、提案もしてきましたが一向に動く気はなく、ある日突然プツっと糸が切れるように「無駄だな、辞める」と思ったのです。

 辞めてから思ったのは「なんでもっと早く辞めなかったのか」ということです。そう、後悔です。もっと早く見限っていれば、人生を無駄にせずに他のことに時間を使えたと思ったのです。時間外労働の強要、時間外での接待の強要など色々強要行為も付き合う必要ありません。

 後悔しても時間は戻らないので、この記事を読んだ皆さんには、早い決断をしてほしいと思います。転職先を探すのは辞めるより先に行えます。次が決まってないと辞めるのが怖いという人は、第二新卒募集に力を入れている企業などでまず転職の相談、求人探しをしてみると良いと思います。

 ブラック企業で働き続ける未来より、よっぽど明るい未来が掴めるのではないでしょうか?

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】












◆在宅ワークという手段もあります





 

【2018/08/31 14:49】 | 雑学・知識全般
【タグ】 ブラック企業  脱社畜  
トラックバック(0) |
仕事


 成功するには何かに挑戦しなくてはならない、だが挑戦すれば失敗をすることもあるだろう。人は失敗することを一番怖がる生き物である。しかし、挑戦なくして成功は導けず、失敗の経験もできないのである。

 我々は、失敗の経験の無い者、欠点の無いものは一番弱いと考えている。欠点無き者には取り柄も無いものだ。アイスキュロスの名言にこういう言葉がある。
 
 「苦しみの報酬は経験なり

 例えば就職し、仕事をするとなれば良い事ばかりでなく、苦しい経験をすることも多々ある。ただ、会社員として働いた場合の苦しみは大別して二通りある。

 一つは優良企業で自ら頑張った場合の苦しみ、そしてもう一つはいわゆる"ブラック企業"と呼ばれるような組織で苦しみを強いられた場合だ。そのどちらの苦しみも「経験値」が報酬となっている点は同じなのだ。違うのはその度合い。自ら望んだ苦しみに対して、第三者に強いられた苦しみはより苦痛に感じるだろう。

 では、この第三者から強いられた苦悩の経験を、どう生かすのか。ここが焦点になってくる。特にやりたいことも見つからないまま、その企業を辞めて他の企業に入って”言われたことだけをやる”毎日を送るのか、その苦悩を糧に新たな挑戦をするのかでは人として大きな差が開く。

脱社畜を目指せ



 現代は「会社に入って働く=勝者」ではない。あなたのその苦しみの対価である経験値を「ブログ」に執筆してもよい。実際に脱社畜を謳い文句に、その経験値を報酬に変えている人もいる。「ええ?そんな記事をネットにあげて報酬?仕事しなよ」等という意見をもつ人間もいるだろう。でもこれ、立派な"ビジネス"です。彼らは自分の苦い経験を、世の中の人たちに伝えようという"ビジネスモデル"を作り上げたわけだ。

第二新卒向け就職支援サイト「いい就職.com」





 NYK内ではよく「言われたことだけをやるWorkなら誰でもできる。我々が行うのは”Business”だ」という言葉を口にする。大まかな定義は抜きにして、ビジネスは自らが考えて行うものであり、新しい何かを生み出そうとするものだ。

人は何のために働くのか


 私も医療機関に身を置いていた時代に、病院長から「なんのために働く?」と問われたことがある。「お金を稼ぐため」と答えました。当たり前です。世の中には「やりがいのため」などと綺麗ごとを述べる人間もいますが、やりがいでお腹は満たされません。

 やりがいが全てといっている方に例えば「1ヵ月間の月給は無報酬です。月23日勤務で、1日8時間です。残業代も出ません。でもやりがいはありますよ?」といってみましょう。本当にやりがいが全てなのであればやるハズです。でも、恐らくそんな仕事には誰も就かないでしょう。よほどのもの好きを除いては。

 労働の対価として、報酬を貰うために働く。これが基本である。そして、その「労働」は自由だ。前述したように、雇われるか、自分でやるかのどちらか。生活保護等の制度もあるが、NYKの評価は五分五分である。健康で文化的な最低限度の生活。

 頑張っている人間が、疾病などの理由で自分の力ではどうにも生活を送ることが困難になった場合に受給するのは仕方ないと思うが、実際には働けるのに働かない人間が受給するのは大間違いだ。そういった人間の特徴は、この期に及んで”仕事を選んでいる”。「いや、これは私には向かない…」、「この仕事は世間体が…」などと理由は様々だが、甘い理由ならば通用しない。そこに我々の納めた高い税金が遣われるのは納得がいかないだろう。

金は色々な方法で稼げる


 お金は様々な方法で稼ぐことができるが、ブラック企業も多いご時世、会社に入って働くばかりが能ではない。この記事内でも触れてきたが、今は会社を辞めて脱社畜を目指して良い時代だ。投資でもアフィリエイトでも何か事業を立ち上げてもよい。新しいことにチャレンジする!これが大切だ。

執筆:NYK M
執筆日:2018年7月30日
 

FC2blog テーマ:社長ブログ - ジャンル:ビジネス

【2018/07/30 15:07】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |
税金


消費税10%時代へ


 2014年(平成26年)4月1日に「5%」から現行の「8%」に消費税率の引き上げが施行された。この3%の引き上げは波紋を広げて、一大ニュースとなったが、これは過程に過ぎないのだ。日本政府は消費税を2019年10月にも「10%」への引き上げを予定している。消費税とは、一般的に店頭やインターネット上で買いものをする際や有料のサービスを受ける際などに、そのモノの価格に対して上乗せされる税金をいう。現行の8%の場合、1万円の買い物をした場合、800円を上乗せして支払うのが義務となる。

消費するのに支払っている税金は最低13%


 皆さんが普段、何か買い物をしたりしているそのお金、どこからきていますか?特別な場合を除いて、働いたことに対する労働報酬で所得を得て、その所得の中から様々なものを購入したり、サービスを受けたりしているわけです。

 ここが問題です。こういった所得には、所得税という税金が課税されてきます。以下の表に、平成27年以降の各所得に対する所得税率を取りまとめました(特例を除く)。

所得金額 課税率
195万円以下 5%
330万円以下 10%
695万円以下 20%
900万円以下 23%
1,800万円以下 33%
4,000万円以下 40%
4,001万円以上 45%

 この表を見ればお分かり頂けると思いますが、最低でも5%の所得税がかかります。30代前半の平均年収が約400万円ほどということを考慮すると、それに対する課税率は上記表の3段目、20%もの所得税がかかることになります。

 つまり何か商品を買うのに支払った税金を単純に計算すると、最低でも所得税5%+消費税8%=13%もの税金を支払っていることになるのだ。所得税率20%であれば消費税加算して、28%。実際問題、消費税13%と変わりないのである。

 どうでしょうか?この計算を当てはめれば、1万円の商品を購入するのに、最低1300円も多く支払わなければならないのです。この税金分、1300円もあれば外食等いろいろなことにお金をつかうことができますね。

 消費税だけに気を取られがちですが、政府は着々と各方面の税金創設を進めています。一例としてあげれば、国際観光旅行税が2019年1月~施行されます。日本を出国する際に、一人一回あたり1000円も加算されるのだ。

消費増税に反対


 このように税金に、何をするにも税金がかかる今の日本。上場企業の株価が上がったところで、関係のないひとの暮らしが豊になるわけではありません。消費税は5%でも高いのに、8%に上がって益々、財布の紐を堅く閉ざした人も多いことと思います。

 国の税収アップのために、消費増税を目論んでいますが、本当にそれで良いのでしょうか?我々NYKは増税に対し、反対する立場です。消費増税を行えば、国民の財布のひもは更に固くなることでしょう。

 増税を行った場合、国民が高い買い物をすれば税収は増加しますが、国民はきっと「なるべく安い物」を求めて動くでしょう。すると必然的に税収は増えないことになります。更に、安いものでも買ってくれればいいですが、消費自体を控える動きになれば、その行動に対しての税収はゼロになりかねません。

消費減税が良い


 消費増税は、財政赤字の問題を先送りしているだけに過ぎないでしょう。増税したところで、生活に対する締め付けが厳しくなり、国民の負担や不満は増える一方です。既述したように、消費も控える動きがでてくるでしょう。

 ではどうすればいいのか。いっそのこと、国民が負担する税金を軽減すればよいのです。消費税8%から10%に増税するのではなく、消費税を3%に減税してみましょう。すると、5%の減税となるわけですから、一気に国民の消費は増加すると思います。

 そうなれば必然的に高価な買い物も多くなり、税収は総合的にみてUPしてくるのではないでしょうか。この減税を行う際に、以前の5%に戻すだけではダメです。「以前の5%よりも安くなった」というインパクトが重要なのです。
 すると、売る側も販売価格に余裕をもたせる効果も発生し、一石二鳥でしょう。

※当記事は、NYKが自己理論を述べたものであり、正論を証明するものではありません。人により、様々な理論があるかと思いますので参考程度になさってください。




【2018/06/25 14:19】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |
 最近のパソコンには画面タッチで操作できるタッチパネル(タッチスクリーン)が搭載された機種も多くあります。Windows(ウインドウズ)8の登場から急激に増え始めました。
 便利の反面、画面を少し触れてしまうと、何かを選択してしまったり、ちょっとした汚れを拭くときにも無駄に反応してしまいます。また、タッチパネルを有効にしたい場合も同じ手順で有効化できます。

 今回の記事ではWindows8やWindows10において、そのタッチパネルをオフ(無効)又はオン(有効)にする方法を図解入りでお教えします。

1.Windowsキーを押す



画像で示したマークがWindowsキーです。この「Windowsキー」と「S」キーを同時に押すと「検索バー」が出現します。

検索バーに「デバイスマネージャー」を入力して検索し、デバイスマネージャーを開きます。

※デバイスマネージャーは「コントロールパネル」からも開くことが出来ます。


2.デバイスマネージャーでの操作



デバイスマネージャー内の「ヒューマン インターフェイスデバイス」を開き、その中の「HID 準拠タッチスクリーン」にマウスのカーソルを合わせて、「右クリック」メニューを開くと「デバイスを有効にする」又は「デバイスを無効にする」の選択ができます。

・タッチパネルをオフにしたい場合=デバイスを無効にする

・タッチパネルをオンにしたい場合=デバイスを有効にする

これで、有効/無効の切り替えが簡単にできます。

FC2blog テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

【2018/06/22 23:36】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |