HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。

◆夢のショップオーナーもお手軽にできる時代

香取慎吾さんがCMを行うBASEや、stores.jpなど皆さんが手軽にネットショップを開業、運営できるサービスが多く普及してきました。今回は、そのネットショップ開業ツールの中でもオススメの二社を比較し、メリット・デメリットを踏まえて紹介していきたいと思います。




◆BASEとstoresプレミアムプランを徹底比較

BASE stores.jpプレミアム
月額費用 無料 980円
商品登録数 無制限 無制限
独自ドメインの利用
インスタグラム販売
決済対応
クレジットカード

コンビニ(pay-easy)

銀行振込

後払い

クレジットカード

コンビニ

銀行振込

翌月後払い

代金引換
利用可能クレジットカード VISA
MASTER
AmericanExpress
VISA
MASTER
AmericanExpress
決済手数料
後払い6%

その他6.6%+40円
5%
(代引き以外)
配送サービス
独自アクセス解析
GoogleAnalytics
デザインテンプレート数 11 9
海外販売
スマホ対応
有料デザインテンプレート ×
HTML編集 ×
ロゴ変更
背景変更
文字色変更
シール(バッジ)
ロゴ作成サービス
ブログ機能
シークレット販売
年齢制限機能
サービスロゴの非表示化 月額500円
1商品の画像登録数 20枚 15枚
バリエーション登録(選択肢)
商品カテゴリ設定
CSV商品登録 ×
数量制限 ×
ダウンロード商品の販売
送料設定 一律/個別 一律/個別
受注データCSV出力
納品書出力
商品撮影サービス
梱包材無料提供
ヤマト運輸集荷サービス
倉庫サービス 980円~ 25円/個
倉庫からの配送料 650円~/個 800円~/個
オリジナル商品作成 スマホケース・Tシャツ・他 ×
ギフト対応
再入荷通知 問い合わせが可能
SEO対策 ×
メルマガ配信
クーポン発行
商品仕入れサービス ×
レビュー機能



BASEの良いところ

・月額費用が無料で充実機能
・SEO対策機能がある
→これはネットでショップを運営する上で非常に重要な機能です。SEO対策をすることでGoogleやYahoo等の検索エンジンで検索されやすくなります
・月に一度、ラッピング梱包キットが無料で貰える(要申請)
・2500円で4倍の10000円分のGoogle広告が配信できるコードが貰える(一度のみ)
・無料で最新のQRコード決済が使える
・ライブ配信で、商品を販売できる
・無料でHTMLが自由に編集できる
・ショップデザインを購入できるし、知識があればデザインの販売もできる
・無料で独自ドメインが利用可能(但し、サブドメイン無しは非対応)
・問い合わせに対するスタッフの対応が迅速で、しかも丁寧







STORES.jpの良いところ


・代金引換(商品代引)が利用できる

・PayPalが利用できる
→PayPalはアメリカの企業PayPal社が提供する、インターネット上の決済サービスのこと。 安全性と低料金である点が世界中で普及している理由で、国内の決済以外に海外送金なども安全に行うことが可能

・モバオク!や比較.comなどの有名モールとの連携が可能

・約3000円未満のクレジットカード決済ならstoresの手数料のほうが安い

・お手軽な無料プランもある





◆BASEとstoresはどっちが売れるか

・運営する方の取り扱う商品次第
・商品がよくても写真が映えなくては意味がない
→インターネット販売では写真がすべてと言っても過言ではありません。実店舗と違って、手に取っていろいろな角度からみれるわけでも無いので、写真に一番注力してください。写真次第で売れ行きが左右される場合もあります。
・どんなに良い商品でも見つけてもらわなければ意味がありません
→一人でも多くのお客様に見つけてもらうために、TwitterやFasebookなどのSNSツールを活用しましょう。


結論、どちらを使うかはあなたが何を重視するか次第です。しかし、BASEも無料ですし、storesも無料での運営も可能なのでまずは試してみることが大切です!

BASE無料登録は
無料ネットショップ開業【BASE】


stores無料登録は
驚くほど簡単にオンラインストアが作れる!【STORES.jp】




競合他社であるスマートフォンにも対応済みのショッピングカート

カラーミーショップ


カラーミーショップ」は高機能かつデザインしやすい環境で、ブランディングにこだわる方に多く選ばれているネットショップ作成サービスです。わかりやすい管理画面や無料で提供しているスマホアプリでストレスなくネットショップを作れるほか、初心者向けセミナーやコンテストなどの運営支援イベントにも力を入れています。お試しは30日間無料。モールからのお引っ越しや並行運用も多数実績があります。


関連記事

FC2blog テーマ:資格・スキルアップ・仕事 - ジャンル:ビジネス

【2018/09/13 11:28】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |
子供とテレビ


 世の中の多くの人が利用するAmazonプライムビデオ。子供向けの映像コンテンツも多く、動画選択の操作も簡単なことから育児に活用するひとも多いのではないでしょうか?

 しかし、このAmazonプライムビデオにはある落とし穴が。プライム会員が無料で視聴できる動画の並びに、レンタルや購入することで視聴できるコンテンツも並んでいるんです。

 レンタルや購入の作品の場合、当然料金がかかります。それも、子供がポチっと押しただけで料金が請求されます。

 しかし、泣き寝入りする必要はありません。その解決策を2つお教えします!
 一つ目は、誤って購入されてから「48時間以内」であれば「注文履歴」画面からキャンセルが可能です。

 但し、購入後に一度でもダウンロードや再生をしていたらアウトです。これは当然ですね。これでもOKにしてしまうとわざと、間違えたふりする人たちがでてきます。

 二つ目は、有料動画を購入する際にパスワードを掛けてしまうことです。

 まずアカウントと設定の「機能制限」にアクセスします。

 そして、あなたの好きな4ケタの数字を決めて登録して終了です。

 これで、もし子供が誤って有料動画コンテンツにアクセスしても、購入時にパスワードが求めらるので安心です。

 ぜひ使ってみてください。


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

【2018/09/08 22:48】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |
地震

※画像はイメージです

執筆:NYK M
更新執筆日:2018年9月6日

実体験を語る


 私は2011年3月11日発生の「東日本大震災」で実際に被災をしました。地震発生時、私は医療機関の院内で勤務中でしたが、想像を絶する揺れと恐怖心に襲われました。直近では、大阪北部地震が発生し、甚大な被害をもたらしています。

 震度6クラスの揺れを体験したことが無い方が、どのように考えるかは分かりませんが、点滴台は転倒する、高くそびえるレール移動式カルテ棚は大きく揺れてカルテは散乱する、患者様の悲鳴、立っているのもやっとの状況でした。

 そして、電気が使えなくなり、電話回線もきれ、水は断水、車のガソリンはスタンドに届かない、液状化、亀裂、マンホール浮上など社会的インフラもすべて使い物になりませんでした。

 このとき救急車は電話回線が使えないので、各医療機関へ問い合わせ無しで直接出向いて診察可能かその場で聞いて回るという悲惨な状況でした。 

 私自身は世間でオール電化が進む中、災害に備えてオール電化にはせず、ガスも接続していたことから、幸い食事には困りませんでした。もちろん、食料品などには限りがあるわけで、食事を作る上では幸いであったという事です。この経験から言わせて頂くと、オール電化が悪いというわけではありませんが、エネルギーの偏りは、いざ災害が起きた時に致命的になりかねないと思いました。

 今はZEHを中心に蓄電池などの技術、整備も進んでいますし、再エネ利用の自家発電も普及していますから、この時の状況とはだいぶ変わっていますね。自然災害は、いくつもあり、地震を筆頭に雷、大雨、洪水、火災、台風などなどとても人間の手には負えないものですが、対策はできます。

災害・復興・インフラ関連銘柄


 それでは、災害・復興・社会インフラ関連にはどのような銘柄があるのか、見ていきましょう。

 地震といえば「地盤」が大きく関係しています。そこで、注目したいのは【6072】地盤ネットHDです。地盤ネットHDは地盤の改良工事などを自社で行うわけではなく、第三者の目で地盤の解析を行うことを得意としています。
 そして地盤の改良や地滑り対策などを実際に施行する注目銘柄は【1914】日本基礎技術です。【1926】ライト工業も地盤改良や土壌汚染対策などを取り扱う注目株です。

 既述しましたが、マンホールの浮上なども交通網の大きな痛手となりました。【3528】プロスペクトの子会社である機動建設工業はアースドレーン工法を開発し液状化によるマンホール浮上抑制技術を保有しています。上下水道や橋梁等に関する技術も併せて保持していることが強みでしょう。

 災害発生時に、家に戻れなくなる場合があります。プレハブ生活を余儀なくされたりと。関連銘柄としては、プレハブを中心に共同住宅などを扱う【1916】日成ビルド工業に注目です。

 災害時にも役立つ再生可能エネルギー・省エネルギー分野では、省エネコンサルの【3150】グリムスや、再エネ大手【9519】レノバ、新電力開発の【8002】丸紅などに注目です。蓄電池を含む、電力自家消費に欠かせないエネルギーマネジメントシステムに注目度が増しています。

いきなり太陽光設置などはコスト面でも敷居が高い


 災害対策のために、いきなり持ち家の屋根にソーラーパネルを設置することや、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)を導入といってもコストも高いですし、なかなか敷居が高いですよね。

 そんなときは比較的安価で持っていられるモバイルバッテリーがお勧めです。私が、災害時におすすめするモバイルバッテリーは大容量はもちろん、USBだけでなく、シガーソケットの他、普通の家庭用の電源コンセントも使用できるものです。だいたいのモバイルバッテリーというと低容量で、電源供給ポートはUSBのみ対応というのが多いでしょう。

 でも、このポータブル電源【PowerArQ】
ならば、家庭用コンセントが使えるというのが一番のポイントです。災害用に購入しておいて、普段は、釣りやキャンプなどのアウトドア、ノートパソコンの充電、スマホ、iphoneの充電、ドローンの充電、電動シャワーなどにもお使いいただけます。下記リンクから商品詳細を確認することができます。
 














長期保存水 5年保存 2L×12本(6本×2ケース) サーフビバレッジ 防災/災害用/非常用備蓄水 2000ml ミネラルウォーター 軟水 ペットボトル

長期保存水 5年保存 2L×12本(6本×2…

¥2,920(税込)

マイルドでさわやかなナチュラルミネラルウォーターです。 硬度50度の軟水で、飲みやすく、お料理にも適しています…



 ※当記事は投資を斡旋するものではございません。投資は全てにおいて自己責任で行いましょう。



 
関連記事

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2018/09/06 13:16】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |