HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
 プロスペクトは、地下推進埋設工事を主力とする子会社の機動建設工業(大阪市。売上高46億1000万円、営業利益2億2200万円、純資産34億1000万円)の保有株式のすべて(94.95%)を、機動グローバルホールディングス(KGH、大阪市)に譲渡することを決議した。KGHは機動建設の中野正明社長と上原範康副社長が折半出資で設立した会社で、MBO(経営陣による買収)の申し入れがあったという。

多くの特許技術保有する機動建設、過去には熊谷組と共同でトンネル分岐・合流部の非開削構築工法を開発


 プロスペクトは2014年3月に機動建設の全株式を取得し、子会社化した。機動建設は上下水道、ガス、地下道、共同溝などの地下推進埋設工事に強みを持つ。プロスペクトが手がける大規模太陽光発電所で約5キロメートルにわたる公道のケーブル埋設工事でも実績を積んできた。
 

プロスペクトから抜け出したい機動建設


 機動建設の中野、上原の両首脳はかねて、外部資本によることなく早期に独立し、自主経営体制に戻して結束を固めたい意向を持っていたところ、MBOに必要な資金調達を含め、その環境が整ってきたことから、株式譲渡を申し入れた。

譲渡価額は18億5000万円、2019年3月29日に譲渡完了した。

 このことによるプロスペクト社の業績影響は追って報告するとのことだ。

MBOと伸和工業


 MBOにより、短期資金が入ってきたが個人株主らは機動建設の連結が消えることから先行きの業績不安を気にしているようだ。今回の資金を機動建設の業績連結に匹敵、またはそれより上の利益を生む投資を行えるかどうかが会社にかかっている。ここ最近は伸和工業がプロスぺクト社の株式を買い集めているようだが、その本当の意図は不明だ。元々取引関係にある企業だけに、内々に何か動きがあるのか…それとも買い集めて、これは何かあると思わせて、株価が上昇したところで売り逃げるのか…それは現段階では何とも言えない。

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2019/04/02 13:45】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
新元号が2019年4月1日に発表されました。
新元号は『令和』で読みは「れいわ」に決定しました。

その令和について姓名判断サイトにて判定をしてみました。
ただし、令和にはいわゆる「苗字」が無い為、「日本国」と二種類試してみました。

①日本国 令和さんの場合
日本国令和

②令 和さんの場合
令和姓名判断

②の方が正しい判定かもしれませんね

いかがでしょうか?

【2019/04/01 12:19】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
西暦2019年4月1日の午前11時30分、平成から次の時代へ変わる瞬間!

新元号が発表されました!

「平成」の時代から、新元号『令和』=れいわの時代の幕開けです。新元号は2019年5月1日~適用となります。

新元号

出典=万葉集からとのこと(菅官房長官より)


◆「令」という漢字の良い意味

「よい」、「立派な」、「優れた」

◆「和」という漢字の良い意味

「やわらぐ」 「なごむ」 「 のどか」 「うららか 」



【2019/04/01 11:41】 | 日本株・日本経済
【タグ】 新元号  
トラックバック(0) |
 暴落から、株価低迷の一途をたどっている《3528》プロスペクト社。依然として株主の警戒姿勢は変わっていないようだ。
そんな中2019年3月12日に、伸和工業が株式保有割合が10%を超えたことで主要株主に躍り出た。(詳細には伸和工業と伸和工業代表との共同保有)。まるで株価が下がるのを待っていたかのようなタイミングである。

 伸和工業は同社と昔から付き合いのある会社で、太陽光発電システムなどを手掛けている。
 (ただ、肝心のホームページは更新されていないようだが・・・http://shinwaindustry.com/

 伸和工業が主要株主に躍り出たとて、現状では打開策にもなっていない為、これを機にどういったビジョンを持ってこの先の未来を切り拓いていくのか - そのビジョンを株主に伝えて頂きたいところだ。5ヵ年計画あたりは期待したい。

 因みにプロスペクト社側は、今回の大量保有の件について、あくまで法的にリリースしたが、今後について特記すべきことはないとしている。

NYK JP  

【2019/03/14 22:24】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
◆2019年上半期のNYK注目銘柄を公表

【7612】Nuts
【2176】イナリサーチ ☆
【2385】総医研HD
【7519】五洋インテックス
【2687】CVSベイエリア
【3042】セキュアヴェイル ☆
【3528】プロスペクト ↑↓ハイリスク
【4406】新日本理化
【4022】ラサ工業 ☆ 安定
【4563】アンジェス
【3900】クラウドワークス ☆ 
【6045】レントラックス ☆ 面白みあり
【7919】野崎印刷紙業
【9519】レノバ
【3776】ブロードバンドタワー
【4597】ソレイジアファーマ ☆
【8562】福島銀行 ☆ 動きを注視

※2019年2月25日発表、一部抜粋
銘柄の数が多く、上記以外にも注目銘柄や優良銘柄などはございます。

※当記事は投資を斡旋するものではありません。投資はすべてにおいて自己責任下で行いましょう。また、当記事で公表した注目銘柄の株価が必ずしも上昇あるいは下降する保証はありません。また、銘柄によっては上場廃止などの危険を伴う場合もあります。

【2019/02/25 14:54】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |