HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。

ドルの初売り


 2019年1月3日、商いの薄い時間帯にドルが対円で104円台前半に急落した。ドルの初売りが大安売りで行われた状態である。これを受けて日本経済新聞は「円相場、一時104円台に上昇 アップルの業績下方修正で」というタイトルで以下の記事を出した。

(以下、引用:日経新聞記事)
 「米東部時間2日夜の外国為替市場で円が急伸し、1ドル=104円台後半まで上げる場面があった。世界景気の減速懸念に加え、2日夕にアップルが2018年10~12月期の売上高が9四半期ぶりに減収となったようだと発表し、投資家心理が急速に悪化した。時間外取引で米国株が下落し、リスク回避の円買いが膨らんだ。

 アップルは10~12月期の売上高が前年同期比5%減の840億ドルだったようだと発表した。中国の景気減速の影響が想定より大きかったという。時間外取引で同社株が急落し、他のハイテク株にも波及。投資家がリスク回避に傾き、米長期金利が下げ(債券価格は上昇)、相対的に安全通貨とされる円が買われた。ニューヨーク市場では「急に円買いが殺到し、市場参加者の間で動揺が走っている」との声が聞かれた。」
(以上)

NYKの見解


 本日、日経平均株価も一時700円超え大暴落している。ドル円は107円台中盤に戻している。まさに乱高下だ。日経の記事の内容は共感する。米アップル引き金の相場悪化とみても良いだろう。
 
 だが、いくら米アップル業績悪化だからといって、今回のドル円急落はどうみても”おかしな”出来事であり、違和感を感じる。AI(人工知能)取引が招いた事態でもあるようだ。結局、人類は現時点でも、自分たちの創り出したAIに振り回されているということだ。先が思いやられる。暴落のトリガーさえ引かれれば、投資家たちのロスカットの嵐で、ロスカットがロスカットを呼び今回の大暴落を招いたというシナリオ。

 儲かった人間、機関はだれか…これが重要だ。暴落は損する人間がいる反面、大儲けしている連中もいる。NYKでは何者かが今回の暴落を”仕掛けた”可能性も考慮している。

 「売り」で商いの薄いところで急落させ、底値で「買い」転換だ。商いが薄いのである程度の資金力がある者ならば可能な芸当だ。これが本当であるかどうかは分からないが、もし本当であったならこれは許されない操縦行為に値すると考える。

 このようなことがまかり通っている以上、年末年始や長期休暇の前には、ポジション自体を完全に外しておいた方が無難である。今後の教訓にして頂きたい。NYKは年末に為替の全ポジションを解消していたので今回の急落被害は避けられた。みんなの大切な「お金」、例え1円でも損をしない選択肢をしましょう。

 
※当記事は投資を斡旋するものではありません。投資は全てにおいて自己責任で行いましょう。
※当記事には我々の独自見解と、想像を含みます。

NYK

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2019/01/04 09:47】 | 為替・世界経済
【タグ】 為替  ドル円  
トラックバック(0) |
publicdomainq-0017552ohu.jpg

CFDって何?


 株やFXを実際にやっている投資家でも「CFD」という言葉を見たことはあっても、それが何なのかが良く分からない方も多いでしょう。「CFD」とは「Contract For Difference」の略語で、「差金決済取引」を指します。

 「アレ?差金決済…なんか聞いたことあるような?」という方もいらっしゃるかと思いますが、そうです。有名なのは「FX」(為替証拠金取引)ですね。FXでは「通貨」が取引対象です。そして「CFD」はNYダウやナスダックなどの株価指数、金や銀、原油などまで取引できるのです。

CFDが儲けられる理由、少額で大きな取引ができる


 なぜこのCFDが高額の利益を生み出せるのかというと、前述した株価指数や原油などに対して高いレバレッジ(倍率)をかけて取引すつことができます。
 ⇒つまりカンタンに言いますと、手元に100万円があるとした場合は次のようになります。

株式5倍500万円分
株価指数10倍1000万円分
金・原油等20倍2000万円分
債権50倍5000万円分
VIX等5倍500万円分

 手元の100万円で2000万円や5000万円といった取引ができるのはとても魅力的でしょう。なので、逆を言えば「500万円分の取引がしたい」という場合、その数分の1の資金さえ用意すればよいので、少額から投資できるということです。下手をすれば多額の損失が発生することもあり得ますが、上手く運用すれば短時間でも大きな利益を生み出すことも可能です。NYダウなどの株価指数などは読みやすく、日中の日経平均株価の動きや先物の動きから想定することもできるので、きちんと分析すればそれなりの勝率を導けるかと思います。

CFD会社はツールの充実と手数料、そして「リアルタイム入金」で選ぶ


 CFDを提供する会社は数社ありますが、はじめにNYKが推奨する会社を言ってしまえばツールも充実していて、24時間サポート、そして何より「簡単」DMM CFD
です。オススメしたい理由は以下。





取引手数料などが0円


口座開設手数料はもちろん、出金手数料、リアルタイム入金の手数料などが無料

株価指数、原油も取引可能


ダウ工業株30種や、ナスダック、日本225の他、金や原油など厳選されていて簡単に取引できる

万一の倒産時も資産の全額保障


日本証券金融の100%子会社である「日証金信託銀行株式会社」が、DMMの万一の破綻の際も全額信託保全
(これ重要です)

都市銀行やゆうちょ銀行など約380金融機関が、リアルタイム入金に対応


リアルタイム入金は非常に重要で、これができないと、何かの国内外イベントなどで、いざ「すぐに入金して取引がしたい」というときに入金処理には15分かかりますなどとなっては話になりません。時間との勝負のCFDでは重要な要素です。

24時間サポートしてくれる


DMM CFDは営業日24時間電話やメール、LINEでサポート対応してくれるので、突然疑問が発生しても安心です。

と、言えばまだまだありますが、深いところまで掘り下げても実践したほうが早いと思うので、このくらいにしておきます。完全無料で始められますし、まずは10万円でも100万円でも自己資金と相談して入金して「やってみる」ことが大切です。やってみて、わからないことがあれば、それを勉強しステップアップを目指します。チャレンジ無くして、利益は生み出せません

ここからすぐに手続きが開始できます↓↓




業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!全額信託保全で安心安全


ちなみに…


通貨を取引する「FX」を始めるならば、オススメは
タレントのローラがCMしていて、2万円キャッシュバック付きの「DMMFX」です。もちろん無料です。



 ※当記事は投資を斡旋するものではございません。投資は全てにおいて自己責任で行いましょう。投資には常にリスクが付き物です。元本が保証されているわけではないので、きちんと自分自身の財産を把握し、生活に支障を来さない余裕資金で行いましょう。

【2018/07/05 00:50】 | 為替・世界経済
トラックバック(0) |

LIVE: President Trump Meets Kim Jong Un - North Korea Summit In Singapore



 シンガポールで行われる米朝首脳会談。それを控えた現在の様子を生中継。※下部のYouTubeライブの再生ボタンをクリックすれば視聴できます。

 A select few of President Trump’s closest aides will witness and participate in the historic summit Tuesday with North Korea’s Kim Jong Un, according to new details released by the White House – which says discussions surrounding the sit-down “have moved more quickly than expected.”

 A White House statement confirmed that Trump and the reclusive North Korean leader will meet at 9 a.m. local time on Tuesday (9 p.m. ET on Monday) in Singapore.

 They will first enter a one-on-one meeting with translators only, the first meeting ever between a U.S. president and North Korea’s leader – and Trump’s first opportunity to gauge Kim’s willingness to negotiate on dismantling his nuclear weapons program.

 From there, according to the White House, the meeting will expand to include Secretary of State Mike Pompeo, Chief of Staff John Kelly and National Security Adviser John Bolton.

 As first reported by Fox News, a working lunch will then be held including Press Secretary Sarah Sanders; National Security Council Senior Director for Asia Matt Pottinger; and Sung Kim, U.S. ambassador to the Philippines and a former North Korea policy official.







NYK公式ツイッターフォローはこちら




【2018/06/12 07:59】 | 為替・世界経済
トラックバック(0) |

◆朴槿恵前大統領の罷免で新大統領爆誕

新大統領は文(ムン)在(ジェ)寅(イン)氏が当選。得票率は41%であった。

文在寅氏を調べると「親北」や「反日」といったワードもでてくる。そこで同氏について調べてみた。

 

◎過去の発言例

・慰安婦問題で日本に対し

「日本の法的責任と公式謝罪が盛り込まれていない協議は無効だ」

「正しい合意ができるよう日本との再交渉を求める」

 

・アメリカに対し

ミサイル迎撃システムTHAAD(サード)を韓国に配備する件について「北朝鮮が核開発・核兵器の能力を高めた場合は容認する」としながらも、北朝鮮が核開発を放棄するなら「THAAD配備の保留や撤回もある」

 

このように発言をするなど、場合によってはこれまでの解決に向けて歩み始めた交渉も後退する可能性もある。

 

◎ただし、冷静な発言も

「これまでの歴史問題と未来は別として、日韓外交を行わなければならない」

「慰安婦問題の解決のためにも日本との外交を断ち切る事は出来ない」

などと今年2月に発言しているのも事実である。

 

◆様々な見方はあるが、判断は時期尚早

主にネット上では文在寅氏が当選すること=反日・反米・親北であり、良くないというイメージが

広がりやすいですが、彼は大統領という立場になった以上、一方的な観念で「仕事」をするわけにもいきません。

思い込みでは無く、これからの実際の彼の行動・発言を思慮深く見守っていくことも大切です。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外国為替


【2017/05/10 11:36】 | 為替・世界経済
トラックバック(0) |

◆日足単純移動平均線(SMA)

(短期=5、中期=20、長期=40)

大方横ばい推移の短期線に対し、中・長期線はデッドクロスから右肩下がりの非常に弱気のチャートだ。

少し前は記事でも書いた通り、反転上昇の兆しがありました。しかし海外情勢の悪化と共に下押しされている。

 

現在もシリア、北朝鮮を取り巻く懸念、米国からの貿易を巡る圧力懸念、フランス大統領選・・・等、懸念材料が多い。

しかしチャートでも分かるように110円台の下壁はとても厚く底値が堅いのも事実。

逆に上値は118円台を上抜け出来ておらず、上昇は物足りなさを感じる。

 

ここからゴールデンクロスしたとしても、中・長期線が右肩下がりである以上ダマシの可能性もあるので注意。

ただ、GCから両線も上向いてくるようなら上昇トレンド化するだろう。

 

 

◆日足一目均衡表

一目均衡表では下抜けし易い右肩上がりの雲を経て、ローソク足は雲下で推移。

しかし雲のねじれから右肩下がりの雲に変化したことで、再度雲の上抜けを試す機会もありそう。

平衡している雲は抜けづらい為、薄いところを狙ってくるか。

 

 

ただ、前述した通り海外の「状況」が悪い方向に一変すれば、テクニカルは当てにならない。

よく、最新のニュースを取り入れながらテクニカルと併用し判断しよう。

 

いすれにせよ現在、日本円は買われ過ぎている。いずれそれが一気に売りに走った場合、反動の上昇は大きいかもしれない。

 

 

JUGEMテーマ:外国為替


【2017/04/11 11:43】 | 為替・世界経済
トラックバック(0) |