HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
 本日は大納会で、2018年の最終売買日である。そんな中、米国でのトランプ大統領を取り巻く環境悪化、政治懸念などが引き金となり日本株も大暴落し、日経平均株価は長期振りに2万円の節目を割り込んでいる。
 
 もともと2万円を超えた水準が過熱だったのかと言われるとそうではない。我々はたかが2万円台とみている。日本株はアベノミクスだ、どうのと言っても所詮はアメリカなどに左右されてしまう。実に弱い立場だ。

 だが、日本企業は本当に弱者なのだろうか?日本企業は技術力も高いし品質も良いものを送り出す。決算をみても良い企業は良い。

 大暴落の度に言ってきたことだが、皆過剰反応なのだ。先行き不透明感で売り?という言葉をよく耳にするが、未来が見えている人間なんているのだろうか?不透明は当たり前だと思うのである。日本企業の誇りにかけて、投資家諸君も海外に惑わされている場合ではない。強い日本になることを祈るばかりだ。

NYK
関連記事

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2018/12/28 12:00】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック