HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
 【3528】プロスペクトは、2月14日バレンタインデーの大引け後、2019年第3四半期決算を発表した。また、同時に期末配当予想を当初の3円から一転、無配に修正することを発表した。

決算内容


 2019年3月期第3四半期決算の内容は予想通り、かなりの悪決算であった。売上高は21.4%減少し、経常が20億円超えの赤字、約40億円もの純損失計上となった。
原因は、子会社が投資する有価証券の大幅な価値下落によるアセットマネジメント部門の損失が膨張したことが一因であろう。大東銀行や福島銀行など大きな下落が目立った。

配当=無配に


 同社株を購入する上で、目玉といっても過言ではない高配当から一転、無配に転落した。
同社は決算発表と同時にこのことを発表している。17億4800万円の特別損失を計上したことから、損失が想定以上に膨らんだ。
これにより、遺憾ながら減配に踏み切ったというわけだ。
これは、当たり前の策である。この状態で配当3円を出したのでは、それこそ最終的に自社のくびをしめるようなものである。

この予想が現実となれば、前社長のカーティス氏が社長就任付近の2011年から有配を続けてきた同社は、カーティス氏の社長退任と同時に約8期ぶりに無配転落となる。

アセマネは見直しが必要


 再生可能エネルギー事業など、事業基盤は固いものがあるが、アセットマネジメント部門が足を引っ張っている。もともと投資部門は水ものであり、良い時もあれば悪いときもある。ギャンブル性があるわけだ。
 結果として、同社の投資先株価は大幅な下落を招いており、先見性がなかったと言われても仕方ない状況だ。
この部門は大幅な見直し/改善が必要不可欠だと株主はみる。

同社は、RFPグループとの共同事業などすすめており、再エネに関しては期待値も残るが、業績予想開示もなく、先行き不透明感が拭えないため、大部分に不安が残る結果となった。

関連記事

FC2blog テーマ:株式投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2019/02/14 15:30】 | 日本株・日本経済
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック