HOME 運営者情報・プロフィール プライバシーポリシー 公式Twitter
投資と生活のことならnipponkabu.com☆日本株を中心に投資全般に関する情報・予想を発信しております。その他、出産・育児・教育、ブログ、ホームページ作成関連記事もUPする総合雑記ブログです。
2020年1月14日をもってマイクロソフトによるWindows7のサポート期限が満了となりました。
この記事では、古いOSを使い続けるとなぜ危険なのか、そして、3ステップ(無料)で最新のWindows10にアップグレードする方法を掲載します。 最下部の注意事項まで全読の上、自己責任下で行ってください。

期限切れOSを使う危険性


期限が切れたOSを使い続けると、新型ウイルス等への耐性が低下し、感染する可能性が高まります。
ウイルスバスターなどの対ウイルスソフトはWindowsのサポート更新に伴って新たな脅威となるウイルス対策をアップグレードしていきます。その大元となるサポートが終了するわけですから、もうWindow7は一切更新されないわけです。

期限切れOSをそのまま使っていてもOKな場合


これは外部環境と一切の通信・接続をしない非常にプライベートなPCの場合です。
インターネットに一切接続しない、USBやSDカードなども接続しない、ただ元々入っているWordやExcelなどをやるだけという場合のみです。

Windows7を無料でWindows10に!3ステップ


①対象は正式な認証を受けているWindows7以降のOSが搭載されたパソコンです。

※Windows Vista以前はアップグレード対象外となります(無理矢理アップグレードさせる方法もありますが、気になる方はお教えします。但し無理矢理行う方法はパソコンのデータが皆無になる上、失敗したら二度と機能しなくなる可能性もある自己責任のものです。)

②Windos10が動作する環境かどうかを下記URLリンク先を参照し、照合します
Window10の動作環境について

③動作環境に問題なければ、下記のマイクロソフト公式のリンク先から「ツールを今すぐダウンロード」することでアップグレードを進めることができます。
Window10アップグレードページ

※Windows10が動作するには難しい環境であったり、Windows Updateが最新に保たれていない等の場合はアップグレードが中断、失敗する場合もあります。当たり前ですが、万が一に備えてデータのバックアップやリカバリメディアは用意しておきましょう。

※この記事の内容はマイクロソフト社の提供するWindows10アップグレードシステムを紹介するものです。この記事の内容を実行したことによる、データ消失などいかなる損失、損害に対しても当方は一切の責任を負いません。すべてにおいて自己判断、自己責任と致します。

※不正に入手したOS、認証されていないOSなどは当然アップグレードできません。
関連記事

【2020/01/15 00:51】 | 雑学・知識全般
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック